○みよし市防災行政無線(固定系)の管理運用要綱

昭和63年4月1日

要綱第1号

(趣旨)

第1条 この要綱は、別に定めるものを除くほか、みよし市防災行政無線局管理運用規程(昭和63年三好町規程第1号。以下「管理運用規程」という。)に基づき、みよし市防災行政無線局(固定系)の管理及び運用に関する事項を定めるものとする。

(通信の方法)

第2条 通信の方法は、次のとおりとする。

(1) 一括通信 市内の全屋外受信機に対して、同時に一括で行う通信

(2) 区域通信 特定地域の屋外受信機に対して、同時に一括で行う通信

(3) 単独通信 一受信機のみに行う通信

(通信時間及び時報)

第3条 通信時間及び時報は、次のとおりとする。

(1) 定時放送は、時報終了後に行うものとし、3分間以内とする。ただし、祝日及び日曜日は行わないものとする。

(2) 時報は、ミュージックチャイムとし、毎日次の時間とする。

 4月1日から9月30日までの間は、午後6時

 10月1日から3月31日までの間は、午後5時

(3) 普通通信、緊急通信及び非常通信は、必要の都度行うものとする。

(通信の依頼)

第4条 通信を依頼する場合、各所属長は通信を依頼する日の2日前までに通信依頼書(様式第1号)を無線管理者に提出しなければならない。ただし、緊急を要する場合は、口頭及び電話等により依頼し、その後通信依頼書を提出する。

2 外部機関等が通信を依頼する場合は、通信を依頼する3日前までに通信依頼書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

3 無線管理者は、通信の内容について、管理運用規程第10条の通信事項と照合検討し、外部機関等については関連ある主管課長等と協議し、決定しなければならない。

4 通信順位は、原則として申し出順とする。ただし、無線管理者が必要と認めるときは、取扱い順位を変更することができる。

(屋外受信機の単独放送)

第5条 無線管理者は、管理運用規程第11条に定める事項で単独放送(屋外受信機に取り付けられた放送設備による放送)により伝達する必要があると認める場合は、市職員又は区長が屋外受信機を利用して放送させることができる。

(点検整備等)

第6条 無線管理者は、運用主任者及び無線従事者に命じて、次に掲げる事項を励行し、無線局の機能維持に努めなければならない。

(1) 無線設備は、毎月1回以上定期的に点検及び清掃を行い、その結果を無線設備保全点検簿(様式第3号)に記載し、無線管理者の決裁を受けなければならない。

(2) 無線設備の定期点検を年2回以上実施するものとし、その一部又は全部を、業者に委託することができる。

(補則)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この要綱は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則(平成3年6月25日要綱第4号)

この要綱は、平成3年7月1日から施行する。

附 則(平成5年3月29日要綱第1号)

1 この要綱は、平成5年4月1日から施行する。

2 この要綱の施行の際現に改正前の三好町防災行政無線(固定系)の管理運用要綱等の規定に基づいて作成されている諸用紙は、改正後の三好町防災行政無線(固定系)の管理運用要綱等の規定にかかわらず、当分の間、使用することができる。

附 則(平成8年3月29日要綱第7号)

この要綱は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月9日)

この要綱は、平成22年3月9日から施行する。

画像

画像

画像

みよし市防災行政無線(固定系)の管理運用要綱

昭和63年4月1日 要綱第1号

(平成22年3月9日施行)

体系情報
要綱集/ 総務部/ 防災安全課
沿革情報
昭和63年4月1日 要綱第1号
平成3年6月25日 要綱第4号
平成5年3月29日 要綱第1号
平成8年3月29日 要綱第7号
平成22年3月9日 種別なし