○みよし市在宅心身障害者扶助費支給に関する規則

昭和47年7月15日

規則第6号

(趣旨)

第1条 この規則は、みよし市在宅心身障害者扶助費支給条例(昭和47年三好町条例第23号。以下「条例」という。)の規定に基づき必要な事項を定めるものとする。

(申請の手続)

第2条 条例第5条の規定による扶助費の支給を受けようとするときは、みよし市在宅心身障害者扶助費支給申請書(様式第1号)に身体障害者手帳、条例第2条第2号に規定する児童相談所若しくは知的障害者更生相談所の交付する療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳を添えて市長に提出しなければならない。

(決定通知書の交付)

第3条 市長は、前条の規定による申請があった場合において受給資格の決定をし、又は受給資格がないと認めたときは、みよし市在宅心身障害者扶助費決定・却下通知書(様式第2号)を当該申請者に交付するものとする。

(変更届、資格喪失届等)

第4条 条例第3条の規定により扶助費の支給要件に該当する者(以下「受給権者」という。)次の各号のいずれかに該当する場合は、速やかに、みよし市在宅心身障害者扶助費変更届及び資格喪失届(様式第3号)に必要な書類及び証書を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 障害程度の認定が変更されたとき。

(2) 氏名、住所又は支払金融機関を変更したとき。

(3) 条例第3条に定める支給要件に該当しなくなったとき。

2 市長は、前項の規定により資格喪失届があった場合又は受給資格がないと認めたときは、直ちにみよし市在宅心身障害者扶助費受給資格喪失通知書(様式第4号)をその者に交付する。

(支給の時期)

第5条 扶助費は、3月、7月及び11月の3期に分けて支給する。

(所得の基準)

第6条 条例第3条第1項に規定する所得の額は、120万円とし、受給権者が前年において同居の親族を扶養していたときは、その扶養親族1人につき19万円を加算した額とする。

(扶助費支給停止に関する通知等)

第7条 市長は、条例第10条に規定する支給停止の理由が生じたと認めたときは、みよし市在宅心身障害者扶助費支給停止通知書(様式第5号)を受給権者に交付する。

2 市長は、支給を停止した扶助費について支給を停止する理由が消滅したと認めたときは、みよし市在宅心身障害者扶助費支給停止解除通知書(様式第6号)を受給権者に交付する。

附 則

この規則は、昭和47年7月1日から施行する。

附 則(昭和63年3月23日規則第4号)

この規則は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則(平成5年3月29日規則第15号)

1 この規則は、平成5年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際現に改正前の三好町予算決算会計規則等の規定に基づいて作成されている用紙は、改正後の三好町予算決算会計規則等の規定にかかわらず、当分の間、使用することができる。

附 則(平成6年3月24日規則第4号)

この規則は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成8年3月21日規則第13号)

この規則は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成11年3月31日規則第9号)

1 この規則は、平成11年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際現にあるこの規則による改正前の様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

附 則(平成16年3月22日規則第6号)

1 この規則は、平成16年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際現に改正前の三好町在宅心身障害者扶助費支給に関する規則の規定に基づいて作成されている諸用紙は、改正後の三好町在宅心身障害者扶助費支給に関する規則の規定にかかわらず、当分の間、使用することができる。

附 則(平成17年3月31日規則第17号)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際現に改正前の各規則の規定に基づいて作成されている諸様式は、改正後の各規則の規定にかかわらず、当分の間、使用することができる。

附 則(平成27年10月1日規則第31号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に改正前のみよし市在宅心身障害者扶助費支給に関する規則の規定に基づいて作成されている諸様式は、改正後のみよし市在宅心身障害者扶助費支給に関する規則の規定にかかわらず、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

附 則(平成28年3月25日規則第23号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

みよし市在宅心身障害者扶助費支給に関する規則

昭和47年7月15日 規則第6号

(平成28年4月1日施行)