○みよし市心身障害者タクシー基本料金助成要綱

昭和54年10月1日

要綱第4号

(目的)

第1条 この要綱は、心身障害(児)者が日常生活を容易に行うために、タクシーを利用する場合料金の一部を助成することによって、心身障害(児)者の福祉を図ることを目的とする。

(助成の対象)

第2条 助成の対象となる者は、本市に住所を有する者で、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定により身体障害者手帳の交付を受けている者で、当該身体障害者手帳の等級区分の1級又は2級のもの

(2) 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第12条第1項に規定する児童相談所又は知的障害者福祉法(昭和35年法律第37号)第12条第1項に規定する知的障害者更生相談所において、療育手帳の交付を受けている者で障害の程度がAのもの

(3) 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条第2項の規定により精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者で、当該精神障害者保健福祉手帳の等級区分の1級のもの

(助成の申出)

第3条 この助成を受けようとする者(以下「受給者」という。)は、身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳を提示し、みよし市心身障害者タクシー基本料金助成利用券(別記様式。以下「利用券」という。)の交付を市長に申し出なければならない。

(利用タクシーの範囲)

第4条 受給者が利用することのできるタクシーは、市長が契約をしたタクシー業を営む者のタクシーとする。

(助成の額等)

第5条 助成する基本料金の額は、乗車1回につき600円とする。ただし、利用券の交付を受けた日からその日の属する年度の末日までの間で36回を限度とする。

2 やむを得ない理由により自宅等へタクシーを配車する要請を行った場合は、迎車1回につき前項に規定する額に120円を限度として加算することができる。

(譲渡又は担保の禁止)

第6条 利用券の交付を受けた者は、利用券を他人に譲渡、又は担保に供してはならない。

(助成金の返還)

第7条 市長は、受給者が不正の行為により助成の支給を受けたときは、その全部又は一部を返還させることができる。

(資格の喪失)

第8条 受給者が次の各号のいずれかに該当するに至ったときは、その権利を失う。

(1) 死亡したとき。

(2) 第2条各号の規定に該当しなくなったとき。

(3) 利用券を他人に使用させ、又は不正な手段により利用券の交付を受けたと認められたとき。

(委任)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、昭和54年10月1日から実施する。

附 則(平成3年3月19日要綱第1号)

この要綱は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成6年12月8日要綱第5号)

この要綱は、公布の日から施行し、改正後の三好町心身障害者タクシー基本料金助成要綱の規定は、平成6年4月1日から適用する。

附 則(平成11年3月31日要綱第3号)

この要綱は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成16年2月10日)

この要綱は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成17年1月31日)

この要綱は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日)

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成19年12月10日)

この要綱は、平成19年12月10日から施行する。

附 則(平成27年4月1日)

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年1月20日)

この要綱は、平成28年1月21日から施行する。

画像画像画像

みよし市心身障害者タクシー基本料金助成要綱

昭和54年10月1日 要綱第4号

(平成28年1月21日施行)

体系情報
要綱集/ 福祉部/ 福祉課
沿革情報
昭和54年10月1日 要綱第4号
平成3年3月19日 要綱第1号
平成6年12月8日 要綱第5号
平成11年3月31日 要綱第3号
平成16年2月10日 種別なし
平成17年1月31日 要綱
平成19年3月30日 種別なし
平成19年12月10日 種別なし
平成27年4月1日 種別なし
平成28年1月20日 種別なし