○みよし市環境美化に関する条例

平成7年3月22日

条例第4号

(目的)

第1条 この条例は、快適な市民生活の確保及び環境美化の促進に資するため、市民等、事業者、所有者等、飼い主及び市が一体となって、空き缶等のごみの散乱及び飼い犬等のふんの放置を防止し、清潔で美しいまちづくりをめざすことを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 市民等 市内に居住し、若しくは滞在し、又は市内を通過する者をいう。

(2) 事業者 市内で事業活動を営む者をいう。

(3) 所有者等 土地又は建物を所有し、占有し、又は管理する者をいう。

(4) 飼い主 飼い犬等の所有者又は現に飼養し、若しくは管理している者をいう。

(5) 空き缶等のごみ 空き缶、空き瓶、紙くず、たばこの吸い殻、チューインガムのかみかす等をいう。

(6) 飼い犬等 動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号)第44条第4項各号に掲げる動物をいう。

(7) 公共の場所等 道路、公園、広場、河川その他の公共の用に供する場所及び他人が所有し、占有し、又は管理する土地又は建物その他の工作物をいう。

(市民等の責務)

第3条 市民等は、自ら身近な地域における清掃活動等の環境美化の促進に関する実践活動に積極的に参加するとともに、市が実施する環境美化の促進に関する施策に協力しなければならない。

2 市民等は、屋外で自ら生じさせた空き缶等のごみを持ち帰り、又は回収容器(空き缶等の飲食料容器を回収する容器をいう。)に収納することにより、適切に処理するよう努めなければならない。

3 市民等は、公共の場所等で喫煙するときは、吸い殻入れの設置されている場所で喫煙し、又は携帯用の吸い殻入れを使用し、喫煙による灰や吸い殻を収納するよう努めなければならない。

4 市民等は、落書き(公共の場所等で所有者等の承諾を得ず、文字、図形又は絵柄を書くことをいう。)をしてはならない。

(事業者の責務)

第4条 事業者は、その事業活動を行う地域において、その周辺の市民等と共同して環境美化活動に努めるとともに、市が実施する環境美化の促進に関する施策に協力しなければならない。

2 飲食料の容器又は容器入りの飲食料を製造し、又は販売する事業者は、空容器の散乱防止について、消費者に対する啓発を行わなければならない。

3 たばこを販売する事業者は、たばこの吸い殻の散乱防止について消費者に対する啓発を行わなければならない。

(所有者等の責務)

第5条 所有者等は、その所有し、占有し、又は管理する土地又は建物における空き缶等のごみの散乱を防止するため、土地又は建物の利用者に対する啓発を行うとともに、散乱した空き缶等のごみの清掃を行うなど、環境整備に必要な措置を講じなければならない。

2 所有者等は、市が実施する環境美化の促進に関する施策に協力しなければならない。

(飼い主の責務)

第6条 飼い主は、良好な生活環境が損なわれないよう、飼い犬等のふんの放置の防止に努めるとともに、市が実施する環境美化の促進に関する施策に協力しなければならない。

2 飼い主は、飼い犬等を公共の場所等において移動し、又は運動させるときは、常に引き綱等により制御するとともに、ふんを処理するための用具を携帯するよう努めなければならない。

3 飼い主は、飼い犬等を公園、保育所、幼稚園、学校その他これらに類する施設の砂場に入らせないよう努めなければならない。

(市の責務)

第7条 市は、毎年度空き缶等のごみの散乱及び飼い犬等のふんの放置の防止に関する実施計画を策定し、これを実施するとともに、その実施について市民等、事業者、所有者等及び飼い主に必要な協力要請を行うものとする。

2 市は、市民等、事業者、所有者等及び飼い主に対して、空き缶等のごみの散乱及び飼い犬等のふんの放置の防止に関する啓発を行わなければならない。

(環境美化推進協議会への協力要請)

第8条 市長は、市内における環境美化の促進のために、環境美化推進協議会に対して、次に掲げる事項の実施について協力を求めることができる。

(1) 市が計画する環境美化活動に関する事項

(2) 地域における散乱ごみ清掃活動に関する事項

(3) 空き缶等のごみ散乱及び清掃活動状況の報告に関する事項

(4) 市民等、事業者、所有者等及び飼い主に対する啓発に関する事項

(5) その他環境美化の促進に関する事項

(環境美化の日の設定)

第9条 環境美化について、市民等の関心と理解を深めるため環境美化の日を設けるものとする。

(地域緑化)

第10条 市民等、事業者及び所有者等は、草花、樹木の植栽に努め、市内の環境美化に協力しなければならない。

(空き地所有者の管理義務)

第11条 建造物等の周辺で、現に人が使用していない土地の所有者又は管理者は、空き缶等のごみの不法投棄を未然に防止するとともに、雑草等の除去を定期的に実施し、周辺の環境保全に努めなければならない。

(指導又は助言)

第12条 市長は、環境美化の促進について必要な事項を市民等、事業者、所有者等及び飼い主に対して、指導又は助言を行うものとする。

(顕彰)

第13条 市長は、市内の環境美化活動に関して著しい功績のあった者に対して、顕彰を行うことができる。

(委任)

第14条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成23年12月22日条例第26号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

みよし市環境美化に関する条例

平成7年3月22日 条例第4号

(平成24年4月1日施行)