○みよし市都市計画審議会運営規程

平成12年3月31日

規程第15号

(趣旨)

第1条 この規程は、みよし市都市計画審議会条例(昭和44年三好町条例第22号。以下「条例」という。)第9条の規定に基づき、みよし市都市計画審議会(以下「審議会」という。)の運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(会長の選挙)

第2条 会長の選挙は、無記名投票で行い、有効投票の最多数を得た者をもって当選人とする。

2 当選人を定めるに当たり、得票数が同じであるときは、くじで定める。

3 審議会は、委員に異議がないときは、第1項の選挙について、指名推薦の方法を用いることができる。

(会長の任期等)

第3条 会長の任期は、委員の任期とする。

2 会長がその職を辞し、又は委員を退職したとき、その他会長が欠けたときは、次回の審議会において、会長の選挙を行うものとする。

(審議会の招集)

第4条 会長は、次に掲げる場合には審議会を遅滞なく招集しなければならない。

(1) 市長から都市計画の決定その他の事項について付議又は諮問があったとき。

(2) 審議会の委員の3分の1以上の者から調査、審議すべき事項を示して招集の請求があったとき。

2 会長は、会議の7日前までに議案を添えて、会議の日時及び場所を委員及び当該議事に関係のある臨時委員に通知しなければならない。ただし、やむを得ない場合は、この限りではない。

3 審議会の委員及び臨時委員は、招集を受けた場合において、やむを得ず出席できない場合は、あらかじめその旨を会長に申し出なければならない。

4 会長は、必要があると認めるときは、委員及び臨時委員以外の者の出席を求め、説明又は意見を聴くことができる。

(委員の代理)

第5条 条例第3条第1項第3号に掲げる者のうちから任命された委員に、事故あるときは、その職務を代理する者が、議事に参与し、決議の数に加わることができる。

(会議の公開)

第6条 審議会の会議は、これを公開するものとする。ただし、会長が特に必要があると認める場合は、公開しないことができる。

(採決の方法)

第7条 審議会の採決は、挙手又は起立による。ただし、会長が特に必要があると認める場合は、投票による。

(答申及び具申)

第8条 会長は、第4条第1項第1号の議案については、審議会終了後速やかに市長に答申しなければならない。

2 会長は、第4条第1項第2号の議案については、審議会終了後速やかに市長に具申しなければならない。

(会議録)

第9条 審議会の会議については、会議録を作成するものとする。

2 会議録には、次に掲げる事項について記載するものとする。

(1) 会議の日時及び場所

(2) 出席した委員の氏名

(3) 議案の内容

(4) 審議の経過及び結果の概要

(5) その他会長が必要と認めた事項

(委任)

第10条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、会長が審議会に諮って定める。

附 則

この規程は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成21年4月1日規程第5号)

この規程は、平成21年4月1日から施行する。

みよし市都市計画審議会運営規程

平成12年3月31日 規程第15号

(平成21年4月1日施行)