○みよし市消防団規則

昭和45年3月23日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、消防組織法(昭和22年法律第226号)第18条第2項及び第23条第2項の規定に基づき、消防団の組織及び階級、訓練礼式、服制並びにみよし市消防団条例(昭和45年条例第4号。以下「条例」という。)第18条の規定に基づき必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 条例第2条の規定に基づき設置するみよし市消防団(以下「消防団」という。)は、区域を基準とした行政区の名称を冠した分団及び女性消防団(以下「分団等」という。)の14分団等で構成する。

2 消防団には、特に必要と認めるときは、前項の規定にかかわらず、条例第4条第3項に規定する機能別団員で構成する分団(以下「機能別分団」という。)を置くことができる。

3 前項に定めるもののほか、機能別分団に関し必要な事項は、別に定める。

(団事務局の位置)

第3条 消防団の事務局は、みよし市役所内に置く。

(分団等の名称及び区域)

第4条 消防団の分団等の名称及び区域は、別表第1のとおりとする。

(分団等の運営)

第4条の2 市長は分団等の健全な運営に必要な交付金を支給することができる。

(団員の配置)

第5条 消防団員(以下「団員」という。)のうち条例第4条第2項に規定する基本団員の配置は、別表第2のとおりとする。

(係の設置)

第6条 分団等の業務を分掌させるため、分団等に次の係を置くことができる。

(1) 庶務係

(2) 警防係

(3) 機械係

(事務分掌)

第7条 前条に規定する係の分掌する事務は、次に掲げるとおりとする。

(1) 庶務係

 庶務に関すること

 会計経理に関すること

 他の係の連絡に関すること

 他の係に属しないこと

(2) 警防係

 災害の警戒並びに出動に関すること

 消防水利に関すること

 救難、救護に関すること

(3) 機械係

 消防ポンプ及び付属機械の整備に関すること

 消防機械器具の保全に関すること

(階級及び職務)

第8条 団員の階級及び職務は、別表第3のとおりとする

(任期)

第9条 消防団長及び副団長の通算任期は6年とする。ただし、再任を妨げない。

(任免の辞令)

第10条 任命権者は、消防団長及び団員その他の役職を任免するときは、様式第1号又は様式第2号の辞令によるものとする。

(宣誓)

第11条 新たに団員に任命された者は、直ちに様式第3号の宣誓書に署名及び押印をしなければならない。

(災害出動の規制)

第12条 消防団は、市長の承認を得ないで、市の区域外の水火災その他の災害現場に出動してはならない。ただし、出動の際は、管轄区域内であると認められる場合であって、現場に近づくに従って、管轄区域外と判明したときは、この限りでない。また協定締結の市町村は除く。

(訓練礼式)

第13条 団員の訓練礼式については、消防訓練礼式の基準(昭和40年消防庁告示第1号)の例によるものとする。

(服制)

第14条 団員の服制については、消防団員服制(昭和25年国家公安委員会告示第1号)の例によるものとする。ただし、女性の団員の服制については、別に定める。

(懲戒処分の手続)

第15条 任命権者は、条例第7条第1項第1号第2号及び第3号並びに第8条に規定する団員の分限及び徴戒処分をしようとする場合は、その者にその理由となるべき事実を告げ、期日を定めて弁明の機会を与えなければならない。

(消防団及び分団等の表彰)

第16条 市長は、次に掲げる区分により消防団及び分団等の表彰を行なうことができる。

(1) 功労表彰 水火災、その他の災害の予防、警戒又は防ぎょに関し、功労抜群であるとき

(2) 功績表彰 水火災、その他の災害の予防、警戒又は防ぎょに関し、功績顕著であるとき

(3) 優良表彰 規律厳正で協力一致団務を遂行し、又は消防施設の改善充実を図り、その成績が優良であるもの

2 前項に規定する表彰は、表彰状及び賞金又は功績旗、竿頭綬の授与等をもって行なう。

(団員の表彰)

第17条 市長は、次に掲げる区分により団員の表彰を行なうことができる。

(1) 功労表彰 水火災その他の災害の予防、警戒若しくは防ぎょに関し、功労抜群であって他の模範であるとき、又は10年以上勤続し、職務に精励したとき

(2) 功績表彰 水火災その他の災害の予防、警戒若しくは防ぎょに関し、功績顕著であるとき、又は5年以上勤続し、職務に精励したとき

(3) 優良表彰 3年以上勤続し、職務に精励したとき、又は平素よく消防施設の改善充実に努め、その成績が優良であるとき

2 前項の規定による功労表彰は表彰状及び功労章を、功績表彰は表彰状及び功績章を、優良表彰は表彰状及び優良章を授与して行なう。

(部外の個人又は団体の表彰)

第18条 市長は、次に掲げる区分により、部外の個人又は団体の表彰を行なう。

(1) 水火災その他の災害作業に協力し、若しくは従事し、その功労顕著なもの

(2) 防災思想の普及、消防施設の整備その他の災害の防ぎょに関する対策の実施に協力し、若しくは従事し、その成績特に優秀なもの

2 前項に規定する表彰は、表彰状又は感謝状及び賞金を授与して行なう。

(被服の貸与)

第19条 団員には、別表第4に掲げる被服を貸与する。

2 貸与品は、これを大切に保管し、服務以外みだりにこれを使用し、又は他人に貸与してはならない。

3 故意に被服類をき損し、又は亡失したときは、市長は弁償させることができる。

4 貸与品は、退職又は死亡したときは、すみやかにこれを返納しなければならない。

(設備資材)

第20条 消防団の設備、資材はおおむね別表第5に掲げるとおりとする。

(設備資材の保管)

第21条 消防団の設備資材は団長が保管し、常に使用できる状態に置かなければならない。

2 機械器具及び保存を要する資材を使用したときは、格納前に手入れをしなければならない。

(設備、資材、被服等の報告)

第22条 設備、資材、被服その他の貸与品をき損し、又は亡失したときは、その理由を具してすみやかに市長に報告しなければならない。

(教養及び訓練)

第23条 団長は、市長の指示を受けて、次の教養及び訓練を随時に実施するものとする。

(1) 特別訓練

(2) 一般訓練

2 特別訓練は、幹部並びに初任者に対して必要な知識、技能を養うため教養講習、見学及び現地訓練により行なう。

3 一般訓練は、団員の消防に関する全般的な職務を習熟させるため実施する。

(観閲等)

第24条 団長は、市長の指示を受けて定期観閲及び随時観閲を行なうものとし、定期観閲は毎年1回、随時観閲は必要に応じてこれを行なう。

2 前項の観閲は、2以上の消防団を連合して実施することができる。

3 観閲は、次の各号に掲げる事項の全部又は一部について査閲し、あわせて職務上必要な事項を指示するものとする。

(1) 人員、服務、姿勢及び動作の整否

(2) 紀律、訓練の適否

(3) 機械、器具その他設備資材の整否

(4) 被服の手入れ保存等の適否

(5) 簿冊の整備状況の適否

(6) その他消防団に関し、必要な事項

(文書簿冊の整理)

第25条 消防団及び分団等には、次の各号に掲げる簿冊を備え、常に整備して置かなければならない。

(1) 団員名簿

(2) 沿革誌

(3) 勤務日誌

(4) 設備資材台帳

(5) 区域内地水利図

(6) 貸与品台帳

(7) 諸通達綴

(8) その他必要な帳簿

(委任)

第26条 この規則の施行について必要な事項は、市長が定める。

附 則

1 この規則は、昭和45年4月1日から施行する。

2 三好町消防団設置規則(昭和24年規則第1号)は、廃止する。

附 則(昭和50年12月10日規則第11号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和58年3月18日規則第12号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成3年3月20日規則第5号)

この規則は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成8年3月21日規則第15号)

この規則は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成15年3月24日規則第3号)

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成18年8月25日規則第37号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の三好町消防団規則の規定は、平成18年6月14日から適用する。

附 則(平成23年3月24日規則第7号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月26日規則第6号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月27日規則第8号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

別表第1(第4条関係)

名称

区域

新屋分団

新屋、好住一円

三好上分団

三好上、中島、平池、上ケ池一円

三好下分団

三好下一円

西一色分団

西一色一円

福田分団

福田一円

明知上分団

明知上一円

明知下分団

明知下一円

打越分団

打越、山伏一円

莇生分団

莇生一円

福谷分団

福谷、あみだ堂、三好丘、三好丘旭一円

黒笹分団

黒笹、三好丘あおば一円

東山分団

東山一円

高嶺分団

高嶺、ひばりケ丘、三好丘緑、三好丘桜一円

女性消防団

市内一円

別表第2(第5条関係)

階級別

所属

団長

副団長

分団長及び女性消防団長

副分団長及び女性消防団副団長

経理部長

班長

団員

1

2

 

 

 

 

 

3

新屋分団

 

 

1

1

1

3

19

25

三好上分団

 

 

1

1

1

3

19

25

三好下分団

 

 

1

1

1

3

19

25

西一色分団

 

 

1

1

1

3

14

20

福田分団

 

 

1

1

1

3

19

25

明知上分団

 

 

1

1

1

3

19

25

明知下分団

 

 

1

1

1

3

19

25

打越分団

 

 

1

1

1

3

19

25

莇生分団

 

 

1

1

1

3

19

25

福谷分団

 

 

1

1

1

3

19

25

黒笹分団

 

 

1

1

1

3

19

25

東山分団

 

 

1

1

1

3

14

20

高嶺分団

 

 

1

1

1

3

14

20

女性消防団

 

 

1

2

1

4

42

50

1

2

14

15

14

43

274

363

別表第3(第8条関係)

階級

職務内容

団長

消防団の任務を統轄し、団員を指揮監督する。

副団長

団長を補佐し、団長に事故あるとき又は団長が欠けたときはその職務を代理する。

分団長及び女性消防団長

団長の命を受け、当該分団及び女性消防団の任務を掌握し、所属の団員を指揮監督する。

副分団長及び女性消防団副団長

分団長及び女性消防団長を補佐し、分団長及び女性消防団長に事故あるときあるいは分団長及び女性消防団長が欠けたときはその職務を代理する。

経理部長

上司の命を受け、当該分団会計経理の任務を掌る。

班長

上司の命を受け、当該班の任務を掌る。

前各項に掲げる者以外の基本団員

男性

上司の命を受け、消防任務に従事する。

女性

上司の命を受け、火災予防の指導、啓発及び広報活動、地域における防火及び防災の予防面に従事する。

機能別団員

団長の命を受け、市長が別に定める特定の消防任務に従事する。

別表第4(第19条関係)

貸与者

品名

数量

使用期間

正副団長

制服

一式

6年

盛夏服

一式

6年

活動服

一式

6年

防寒服

1着

6年

ヘルメット

1個

10年

女性消防団正副団長

制服

一式

6年

活動服

一式

6年

防寒服

1着

6年

ヘルメット

1個

10年

前2項に掲げる者以外の基本団員及び機能別団員

活動服

一式

6年

防寒服

1着

6年

ヘルメット

1個

10年

備考

1 使用状況により、その使用期間を延長し、又は短縮することができる。

2 正副団長の制服は、制帽、上下服、ベルト、ネクタイ及び階級章をもって一式とする。

3 盛夏服は、盛夏帽及び上下服をもって一式とする。

4 活動服は、アポロ帽、上下服、ベルト、ハイネックシャツ、Tシャツ、階級章及び作業靴をもって一式とする。

5 女性消防団正副団長の制服は、制帽、上下服、ベルト、ブラウス、階級章、ハンドバッグ及び靴をもって一式とする。

別表第5(第20条関係)

消防団設備資材表

1 機械器具置場

2 警備詰所の設備

3 サイレン及び水管干場

4 消防水利施設

5 消防ポンプ及び車両並びに付属機械

6 消防団旗

7 通信施設

8 梯子

9 消防用破壊器具及び防災器具

10 照明灯及び堤灯

11 その他消防上必要と認めるもの

画像

画像

画像

みよし市消防団規則

昭和45年3月23日 規則第1号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第12編
沿革情報
昭和45年3月23日 規則第1号
昭和50年12月10日 規則第11号
昭和58年3月18日 規則第12号
平成3年3月20日 規則第5号
平成8年3月21日 規則第15号
平成15年3月24日 規則第3号
平成18年8月25日 規則第37号
平成23年3月24日 規則第7号
平成24年3月26日 規則第6号
平成30年3月27日 規則第8号