○みよし市職員希望降格制度実施要綱

平成13年1月1日

(目的)

第1条 この要綱は、職員が現に保有する職の遂行に支障をきたすため、自ら意思により降格を申し出たとき、職員の降格に対する希望を尊重し承認することにより、職員の心身の負担を軽減し、もって組織の活性化を図ることを目的とする。

(対象職員)

第2条 降格を希望することができる職員は、次に掲げる職員とする。

(1) みよし市初任給、昇格、昇給等の基準に関する規則(平成3年三好町規則第4号。以下「規則」という。)別表第1 1行政職給料表(1)等級別基準職務表に掲げる職務と同程度の職務の表の4級以上の職務の級にある職員

(2) 規則別表第1 3医療職給料表(2)等級別基準職務表に掲げる職務と同程度の職務の表の4級以上の職務の級にある職員

(3) 規則別表第1 4医療職給料表(3)等級別基準職務表に掲げる職務と同程度の職務の表の4級以上の職務の級にある職員

(降格の申出)

第3条 降格を希望する職員は、毎年1月31日までに降格希望申出書(第1号様式)を所属長を経由し、任命権者に提出しなければならない。

(降格の承認等)

第4条 任命権者は、職員から降格希望申出書の提出があったときは、降格の適否について協議し、その結果を降格承認(不承認)通知書(第2号様式)により、当該職員に通知するものとする。

(降格の効果)

第5条 任命権者は、降格希望を承認したときは、承認の日後の最初の4月1日に、当該職員の職務の級を当該職員に適用される給料表の1級又は2級下位に降格させるものとする。

2 規則第23条第1項及び第2項の規定は、降格の日における当該職員の号給について準用する。

3 この要綱により降格となった職員は、原則として以後昇格の対象者としないものとする。

附 則

この要綱は、平成13年1月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日)

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日)

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月31日)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

みよし市職員希望降格制度実施要綱

平成13年1月1日 種別なし

(平成28年4月1日施行)

体系情報
要綱集/ 総務部/ 人事課
沿革情報
平成13年1月1日 種別なし
平成18年3月31日 種別なし
平成19年3月30日 種別なし
平成27年3月31日 種別なし