○みよし市文化財保存事業補助金交付要綱

平成13年4月1日

(趣旨)

第1条 この要綱は、みよし市補助金等交付規則(平成13年三好町規則第2号)(以下「規則」という。)に定めるもののほか、文化財保存事業補助金の交付に関し、必要な事項を定めるものとする。

(補助金の交付目的)

第2条 この補助金は、文化財を良好な状態で保存し、又は維持するための事業を支援することにより、当該文化財を後世に残し活用を図ることを目的とする。

(補助事業者)

第3条 補助金の交付対象者(以下「補助事業者」という。)は、次に掲げるものとする。

(1) 文化財保護法(昭和25年法律第214号)、愛知県文化財保護条例(昭和30年愛知県条例第6号)及びみよし市文化財保護条例(昭和46年三好町条例第8号)により指定された文化財の所有者又は管理者で、当該文化財の保存維持に関する事業を行うもの。

(2) 前号に掲げる者のほか、市長が特に必要と認めるもの。

(補助事業)

第4条 補助金の交付対象となる事業(以下「補助事業」という。)は、補助事業者が行う別表に定める事業とする。

(補助対象経費等)

第5条 補助金の交付対象となる経費(以下「補助対象経費」という。)、補助限度額及び補助率は、別表のとおりとする。

(交付申請の期日)

第6条 規則第3条に定める補助金の交付申請は、事業開始前までに行わなければならない。

(実績報告の期日)

第7条 規則第11条に定める補助事業の実績報告は、補助事業の完了の日から起算して30日を経過した日又は当該年度の末日のいずれか早い日までに行わなければならない。

(委任)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

1 この要綱は、平成13年4月1日から施行する。

2 この要綱は、平成31年3月31日限り、その効力を失う。

附 則

この要綱は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月15日)

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成20年6月1日)

この要綱は、平成20年6月1日から施行する。

附 則(平成21年3月25日)

この要綱は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月21日)

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。ただし、附則第2項の改正規定は、平成24年3月21日から施行する。

附 則(平成27年1月29日)

この要綱は、平成27年1月29日から施行する。

附 則(平成30年3月1日)

この要綱は、平成30年3月31日から施行する。

別表(第4条、第5条関係)

1 市指定有形民俗文化財

区分

補助事業

補助対象経費

補助限度額

補助率

摘要

1 山車

保存維持活動

消耗品費、印刷製本費、修繕費、食糧費、通信運搬費、手数料、保険料、委託料、使用料及び原材料費

450千円

2/3

毎年度

山車修繕

消耗品費、修繕費、手数料、委託料及び原材料費

1,000千円

2/3

補助対象事業は、1,000千円以上とし、1,000千円未満は保存維持活動事業で対応する。1事業当たり5年に1回の実施を原則とする。

山車保存施設修繕

1,000千円

2/3

山車保存庫整備

20,000千円

2/3

事業の実施期間は2箇年度を限度とし、単年度毎に事業を精算する。ただし、1箇年度の補助限度額は10,000千円とする。

2 酒井家金毘羅宮

酒井家金毘羅宮保存活用

報償費、消耗品費、印刷製本費、修繕費、使用料、委託料及び原材料費

10,000千円

2/3

1事業当たり5年に1回の実施を原則とする。

2 有形民俗文化財

区分

補助事業

補助対象経費

補助限度額

補助率

摘要

1 囃子台

囃子台本体製作

消耗品費、手数料、委託料及び原材料費

3,000千円

2/3

1事業当たり1回とする。

囃子台本体修繕

消耗品費、修繕費、手数料、委託料及び原材料費

300千円

2/3

1事業当たり5年に1回の実施を原則とする。

囃子台保存庫整備

1,000千円

1/3

 

3 無形民俗文化財

区分

補助事業

補助対象経費

補助限度額

補助率

摘要

1 郷土芸能

囃子伝承活動

報償費、通信運搬費、消耗品費、印刷製本費、修繕費、食糧費、手数料、保険料、使用料及び借上料

80千円

1/2

毎年度

棒の手伝承活動

80千円

1/2

毎年度

4 郷土史誌編さん事業

補助事業

補助対象経費

補助限度額

補助率

摘要

1 郷土史誌編さん(編集執筆)

報償費、消耗品費、印刷製本費、食糧費、手数料、委託料及び使用料

900千円

2/3

補助事業者は行政区とし、事業の実施期間は2箇年度を限度とする。

2 郷土史誌編さん(印刷製本)

印刷製本費

1,500千円

3/10

補助事業者は行政区とする。

備考

1 食糧費は、原則として補助対象経費として認めない。ただし、会議等のお茶代に限り、これを認めるものとする。

2 報償費は、原則として補助対象経費として認めない。ただし、招へいした講師等(補助金交付団体の会員を除く。)に経費を充てる場合に限り、これを認めるものとする。

みよし市文化財保存事業補助金交付要綱

平成13年4月1日 種別なし

(平成30年3月31日施行)

体系情報
要綱集/ 教育委員会/ 教育部/ 教育行政課
沿革情報
平成13年4月1日 種別なし
平成18年3月15日 種別なし
平成20年6月1日 種別なし
平成21年3月25日 種別なし
平成24年3月21日 種別なし
平成27年1月29日 種別なし
平成30年3月1日 種別なし