○みよし市バス使用取扱要綱

平成16年12月14日

(趣旨)

第1条 この要綱は、みよし市公用車等運行管理規程(昭和60年三好町規程第5号。以下「規程」という。)第13条の規定に基づき、別表第1に掲げる市等の所有するバス(以下「バス」という。)の使用について必要な事項を定めるものとする。

(使用目的)

第2条 バスは、次の各号のいずれかに該当する場合に使用することができる。

(1) 市の機関が自らの公務のために使用する場合

(2) 小学校及び中学校の授業及び部活動で公式大会に出場する場合

(3) 別表第2に掲げる団体(以下「公共的団体」という。)が、当該団体の存立の目的たる本来の事業を行うために使用する場合。ただし、観光地等を目的地とした事業を行うために使用する場合を除く。

(4) 前3号に定めるもののほか、市長が特に必要と認めた場合

(休日におけるバスの使用)

第3条 みよし市の休日を定める条例(平成元年三好町条例第15号)に定める市の休日にバスを使用することができる公共的団体は、2団体までとする。ただし、1団体で2台使用する場合は、1団体までとする。

(使用回数)

第4条 小学校又は中学校の部活動で公式大会に出場する場合の年間の使用限度は、1校あたり15回とする。

2 公共的団体によるバスの年間の使用限度は、別表第2のとおりとする。

(使用時間)

第5条 バスの使用時間は、午前8時から午後6時までとする。ただし、天候の異常、事故等のバスを使用する者の責任によらない理由、友好都市との交流事業として使用する場合、宿泊を伴う使用又は市長がやむを得ないと認めた場合は、この限りでない。

2 前項の使用時間は、バス車庫を出発してからバス車庫に到着するまでの時間とする。

(使用期間)

第6条 バスの使用期間は、1回の使用につき1日以内とする。

(使用台数)

第7条 バスを公共的団体の事業に使用する場合は、1回の使用につき2台までとする。

(使用範囲)

第8条 公共的団体がバスを使用する範囲は、愛知県内とする。ただし、長野県木曽郡木曽町三岳との交流事業として使用する場合は、この限りでない。

(使用手続)

第9条 第2条第1号の規定によりバスを使用しようとする者は、バスを使用する10日前までに、公用車予約管理システムへの入力及び車両管理者にバス使用伺(様式第1号)を提出し、その承認を受けなければならない。

2 第2条第2号から第4号までの規定によりバスを使用しようとする機関又は団体は、あらかじめ、バス借用申請書(様式第2号)にバスの使用に係る事業計画書等を添えて当該機関又は団体を所管する所属長に提出しなければならない。

3 前項の申請を受け付けた所属長は、バスの使用に係る事業の目的、行程、目的地等を確認し、その内容が適当と認めたときは、第1項の手続により承認を受けなければならない。

4 公務上の必要又は事故その他のやむを得ない事由により、事業の行程等を変更した場合は、事業完了後、速やかに安全運転管理者に報告しなければならない。

(遵守事項)

第10条 バスを使用する場合は、次の事項を守らなければならない。

(1) 前条第1項又は第3項の承認を受けた課等の職員、小学校若しくは中学校の職員又は市が出資する団体の職員が必ず随行し、バスの運行が適正に行われるよう勤めるものとする。ただし、次項の規定により車両管理者が承諾をした場合は、この限りでない。

(2) 運行中は、シートベルトを着用すること。

(3) バスの利用者は、車両の清掃に心掛け、別表第1に掲げる付属設備の取扱いに注意すること。

(4) バス内での飲食及び喫煙は、行わないこと。ただし、水分補給については、この限りでない。

(5) バスの利用者が市役所駐車場を利用する場合は、庁舎管理者の許可を得なければならない。

(6) 事故が起きた場合は、運転者とともに搭乗者の安全を確保し、直ちに最寄の警察署又は交番に届け、緊急の処置を講ずるとともに、速やかにその旨を所属長及び車両管理者に報告しなければならない。

2 前条第1項又は第3項の手続において所属長から申出があった場合で、バスの運行が適正に行われるものであると車両管理者が承諾をしたときは、前項第1号本文の規定にかかわらず、職員の随行を行わせないことができる。この場合において、車両管理者は、次の各号のいずれにも該当するときに承諾できるものとする。

(1) 宿泊を伴わないものであること。

(2) 行程が簡易であること。

(3) 所属長が適当と認めた者が、随行する職員の代わりにバスの運行が適正に行われるための責任者として同乗すること。

(4) 第2条各号に掲げる事項の履行が確実と認められるものであること。

附 則

1 この要綱は、平成17年1月1日から施行する。

2 三好町公用バスの使用取扱要綱(平成12年3月1日)は、廃止する。

3 この要綱の施行前に前項の規定による廃止前の三好町公用バスの使用取扱要綱の規定によりなされた手続は、この要綱の規定によりなされた手続とみなす。

附 則(平成17年11月1日)

この要綱は、平成17年11月1日から施行する。

附 則(平成18年9月10日)

この要綱は、平成18年9月10日から施行する。

附 則(平成20年8月1日)

この要綱は、平成20年8月1日から施行する。

附 則(平成21年3月23日)

この要綱は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年4月1日)

この要綱は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年6月30日)

この要綱は、平成23年6月30日から施行する。

附 則(平成28年3月7日)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年4月11日)

この要綱は、平成29年4月11日から施行する。

附 則(平成30年2月28日)

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(平成30年8月15日)

この要綱は、平成30年8月15日から施行する。

別表第1(第1条、第10条関係)

バス名

定員(運転手を除く。)

付属設備

大型バス

55人

CD、DVD、カセット

マイクロバス

21人

カセット

社会福祉協議会所有バス

22人

カセット

別表第2(第2条、第4条関係)

団体名

使用限度数(回)

行政区

各1

子育てクラブ

各1

子ども会

各1

ジュニアクラブ

各1

小中学校PTA

各1

保育園父母の会

各1

コミュニティ推進協議会

各1

青少年健全育成推進協議会

各1

行政区いきいきクラブ

各1

いきいきクラブみよし連合会

10

保護司会

10

社会福祉協議会

10

身体障害者福祉協議会

10

体育協会

10

シルバー人材センター

5

商工会

5

カヌー協会

5

文化協会

5

母子寡婦福祉協議会

3

遺族会

3

軍人恩給連盟三好支部

3

ボランティア連絡協議会

3

手をつなぐ親の会

3

更生保護女性会

3

赤十字奉仕団

3

少年スポーツ交流団(サッカー)

6

少年スポーツ交流団(野球)

6

愛知県立三好特別支援学校

1

食生活健康推進員会

1

ウォーキング協会

1

画像

画像

みよし市バス使用取扱要綱

平成16年12月14日 種別なし

(平成30年8月15日施行)

体系情報
要綱集/ 総務部/ 総務課
沿革情報
平成16年12月14日 種別なし
平成17年11月1日 種別なし
平成18年9月10日 種別なし
平成20年8月1日 種別なし
平成21年3月23日 種別なし
平成22年4月1日 種別なし
平成23年6月30日 種別なし
平成28年3月7日 種別なし
平成29年4月11日 種別なし
平成30年2月28日 種別なし
平成30年8月15日 種別なし