○厚生に関する計画の実施に参加する場合の職務免除取扱基準

平成17年4月1日

みよし市職員の職務に専念する義務の特例に関する条例(昭和45年三好町条例第25号)第2条第2号で定める厚生に関する計画の実施に参加する場合と職務免除される期間は、次のとおりとする。

区分

期間

(1) 職員が健康診断を受診する場合

年間2日以内

(2) 職員が健康相談(市が実施するものに限る。)を受ける場合

健康相談に要する時間

(3) 職員が市町村共済組合等が主催する厚生事業に参加する場合

厚生事業の参加に要する時間

備考

1 免除される単位は、1日又は必要と認められる時間とする。

2 1時間を単位として与えられた職務免除を日に換算する場合は、7時間45分をもって1日とする。

3 年間とは毎年4月から翌年3月までの1年間をいう。

附 則

この基準は、平成17年4月1日から適用する。

附 則(平成17年7月4日)

この基準は、平成17年7月4日から適用する。

附 則(平成21年11月5日)

この基準は、平成22年1月4日から適用する。

附 則(平成22年3月31日)

この要綱は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成29年4月1日)

この基準は、平成29年4月1日から施行する。

厚生に関する計画の実施に参加する場合の職務免除取扱基準

平成17年4月1日 種別なし

(平成29年4月1日施行)

体系情報
要綱集/ 総務部/ 人事課
沿革情報
平成17年4月1日 種別なし
平成17年7月4日 種別なし
平成21年11月5日 種別なし
平成22年3月31日 種別なし
平成29年4月1日 種別なし