○みよし市行政評価実施要綱

平成16年4月1日

(趣旨)

第1条 この要綱は、行政評価の実施に関しての必要な事項を定めるものとする。

(実施方針)

第2条 本市の実施する施策及び事務事業について、目的と目標を明らかにするとともに、目標に対する成果という観点から、点検評価する。

2 行政評価の結果は、広く住民に公表することにより説明責任を果たす。

3 本市の実施する施策について、社会情勢あるいは、住民のニーズを踏まえ、客観的な評価を実施し、評価結果に基づいて優先度等を考慮し、重点化を図る。

4 本市の実施する事務事業について、不要、不急あるいは効果の小さい事務事業を明らかにし、事務事業の統廃合及び事業費の削減、あるいは事業の実施方法等の見直しを図る。

5 職員一人ひとりが、住民の視点に立ち、コスト意識と成果志向に徹して職務を遂行する風土を醸成し、職員の意識改革を推進する。

(評価内容)

第3条 事務事業評価は、次に掲げる内容について実施する。

(1) 評価対象年度は、前年度とする。

(2) 評価の対象は、実施機関(市長、教育委員会、選挙管理委員会、公平委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会及び議会)において、実施した全事務事業とする。ただし、積立金、繰出金、償還金、災害復旧事業費、返還金、公債費、諸支出金、還付金、還付加算金、予備費は対象外とする。

(3) 事務事業は、評価対象施策に沿って体系化する。

(4) 事務事業目的評価表(様式第1号)は、「事務事業目的評価表作成要領」に基づき、所管する課で作成し、所属長が1次評価し、施策を個別評価する主管次長が点検した後、行政改革担当課に提出する。

2 施策評価は、次に掲げる内容について実施する。

(1) 評価対象施策は、みよし市総合計画に掲げる基本目標に基づき設定した施策とする。

(2) 施策評価シート(様式第2号)は、「施策評価シート作成要領」に基づき、施策の主管次長が、施策評価会議(関係課長会議)を実施し、又は関係課長の意見聴取をした上で作成し、所管部長が点検した後、行政改革担当課に提出する。

(公表)

第4条 評価結果については、情報プラザ等において住民の閲覧に供するほか、市のホームページに毎年度掲載することにより、積極的に公表していく。

(結果の活用)

第5条 行政評価の結果を踏まえて、限られた財源の中で優先度の高い施策や事務事業を推進するため、改革・改善について十分検討し、次年度予算などに明確に反映させる。

(行政評価施策評価会議)

第6条 行政評価を決定するため、行政評価施策評価会議(本条において以下「会議」という。)を置く。

2 委員は、市長、副市長、教育長及び部長職の者をもって充てる。

3 会議の会長は市長、副会長は副市長をもって充てる。

4 会議は、次に掲げる事項を行う。

(1) 事務事業の3次評価、施策の総合評価を行い、行政評価を決定する。

(2) その他、行政評価に関することを決定する。

5 会議は、必要に応じて会長が招集し、会長が議長となる。

6 会議の庶務は、行政改革担当課において処理する。

(行政評価推進会議)

第7条 行政評価の円滑な推進を図るため、行政評価推進会議(本条において以下「会議」という。)を置く。

2 委員は、次長職の者をもって充てる。

3 会議の会長は、政策推進部次長をもって充てる。

4 会議は、次に掲げる事項を行う。

(1) 事務事業評価に関し、2次評価を行い、行政評価施策評価会議に附する主要事業の選定を行う。

(2) その他、行政評価に関する調査、研究を行う。

5 会議は、必要に応じて会長が招集し、会長が議長となる。

6 会議の庶務は、行政改革担当課において処理する。

(行政評価推進リーダー)

第8条 行政評価システムの導入、定着化、改革改善について、事務局と連携し、正しい理解と実践を指導するため、行政評価推進リーダー(以下「リーダー」という。)を置く。

2 リーダーは、副主幹職の者をもって充てる。

3 リーダーの役割は、次に掲げる事項とする。

(1) 行政評価システムの考え方を正しく理解し、他の職員の指導、支援にあたる。

(2) 推進スケジュールに沿って、所管部課内の評価実施、評価点検、とりまとめ、提出等を支援する。

(3) 全庁的な行政評価の推進について事務局と所管部署間の連絡調整、情報提供、アドバイス等を行う。

(評価体制)

第9条 行政評価における評価者を次のとおり定める。

(1) 事務事業評価

1次評価者 事務事業担当課長

2次評価者 行政評価推進会議、みよし市行政評価委員会

3次評価者 行政評価施策評価会議

(2) 施策評価

個別評価者 施策主管次長

総合評価者 行政評価施策評価会議

(外部評価)

第10条 評価内容の客観性を高めるため、みよし市行政評価委員会で外部評価を実施する。

2 外部評価に必要な事項は、別に定める。

(委任)

第11条 この要綱に定めるもののほか、施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月16日)

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年12月27日)

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年12月5日)

この要綱は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月30日)

この要綱は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月30日)

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月24日)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年4月1日)

この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

様式第1号 略

様式第2号 略

みよし市行政評価実施要綱

平成16年4月1日 種別なし

(平成29年4月1日施行)

体系情報
要綱集/ 政策推進部/ 企画政策課
沿革情報
平成16年4月1日 種別なし
平成18年3月16日 種別なし
平成18年12月27日 種別なし
平成20年12月5日 種別なし
平成22年3月30日 種別なし
平成24年3月30日 種別なし
平成28年3月24日 種別なし
平成29年4月1日 種別なし