○みよし市不在者投票特別経費交付要綱

平成18年3月2日

(趣旨)

第1条 この要綱は、みよし市の議会の議員及び長の選挙(以下「議会議員選挙等」という。)について、公職選挙法(昭和25年法律第100号)第49条第1項の規定により不在者投票管理者(市区町村の選挙管理委員会の委員長たる不在者投票管理者を除く。以下同じ。)の管理する投票を記載する場所において行われる不在者投票(指定船舶における不在者投票を除く。以下同じ。)に要する経費(以下「不在者投票特別経費」という。)の交付に関し、必要な事項を定めるものとする。

(不在者投票特別経費の算定)

第2条 みよし市が不在者投票管理者に交付する不在者投票特別経費は、次の各号の区分に応じ当該各号に定める額を当該不在者投票管理者について合算した額とする。

(1) 公職選挙法施行令(昭和25年政令第89号。以下「令」という。)第50条第4項の規定により、不在者投票管理者が選挙人に代わって、みよし市選挙管理委員会の委員長に対し投票用紙及び不在者投票用封筒(以下「投票用紙等」という。)を請求したとき 当該請求に係る選挙人の数に391円を乗じて得た額

(2) 令第50条第4項の規定により、不在者投票管理者が選挙人に代わって、みよし市選挙管理委員会の委員長に対し投票用紙等を請求し、その交付を受けた場合において、適切に不在者投票管理事務を遂行したとき 当該交付に係る選挙人の数に362円を乗じて得た額

(3) 令第50条第1項の規定により、選挙人が自ら、みよし市選挙管理委員会の委員長に対し、投票用紙等を請求した場合において、令第58条第1項及び第60条に規定により、不在者投票管理者がその管理する投票を記載する場所において、選挙人に投票をさせ、みよし市選挙管理委員会の委員長に対し、投票用紙等を送致したとき 当該送致に係る選挙人の数に753円を乗じて得た額

(不在者投票特別経費の交付)

第3条 みよし市は、不在者投票管理者からの不在者投票に関する報告に基づき、議会議員選挙等の終了後、速やかに前条の規定により算定した不在者投票特別経費を当該不在者投票管理者に交付するものとする。

(補則)

第4条 この要綱に定めるもののほか、不在者投票特別経費の交付に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成21年11月5日)

この要綱は、平成22年1月4日から施行する。

附 則(平成27年4月1日)

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年11月1日)

この要綱は、平成29年11月1日から施行する。

みよし市不在者投票特別経費交付要綱

平成18年3月2日 種別なし

(平成29年11月1日施行)

体系情報
要綱集/ 選挙管理委員会/ 事務局1
沿革情報
平成18年3月2日 種別なし
平成21年11月5日 種別なし
平成27年4月1日 種別なし
平成29年11月1日 種別なし