○みよし市なかよしサロン事業実施要綱

平成18年3月31日

(趣旨)

第1条 この要綱は、在宅の高齢者が地域社会の中で自立した生活を安心して営むことができるように支援するなかよしサロン事業に関し、必要な事項を定めるものとする。

(対象者)

第2条 なかよしサロン事業の利用対象者は、市内に住所を有し、在宅で自立した日常生活を営むために社会的支援が必要な65歳以上の者とする。ただし、市介護認定審査会で要介護又は要支援認定を受けた者は除くものとする。

(事業の内容)

第3条 なかよしサロンで行う事業は、次に掲げるものとする。

(1) 日常生活上の支援

(2) 送迎

(3) 食事

(4) 入浴

(5) その他市長が必要と認めた事業

(利用の申請)

第4条 なかよしサロンを利用しようとする者(以下「申請者」という。)は、みよし市なかよしサロン利用申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(利用の決定)

第5条 市長は、前条の申請書の提出があった場合は、速やかに内容を審査し、利用の可否を決定する。

2 市長は、前項の規定により利用の可否を決定したときは、みよし市なかよしサロン利用決定通知書(様式第2号)又はみよし市なかよしサロン利用却下通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

3 前項の規定により利用の決定を受けた者(以下「利用者」という。)は、必要に応じて、みよし市なかよしサロン日常生活自立度判定審査票(様式第4号)により市長の審査を受けるものとする。

(利用定員)

第6条 なかよしサロンの利用定員は、1日当たり17人とする。

(利用の取消し)

第7条 利用者は、次の各号のいずれかに該当するときは、みよし市なかよしサロン利用取消し届出書(様式第5号)を、市長に提出しなければならない。

(1) 医療機関等に長期間入院又は入所したとき。

(2) 長期間にわたり不在となるとき。

(3) 利用を辞退しようとするとき。

2 市長は、前項の届出書の提出があった場合は、みよし市なかよしサロン利用取消し承認通知書(様式第6号)により、利用者に通知するものとする。

3 市長は、利用者が次の事項に該当するに至ったときは、利用を取り消すことができる。

(1) 第2条に規定する要件に該当しなくなったとき。

(2) その他市長が不適当と認めたとき。

4 前項の取消しをする場合は、みよし市なかよしサロン利用取消し通知書(様式第7号)により通知するものとする。

(利用回数)

第8条 なかよしサロンの利用回数は、週1回とする。

(利用料)

第9条 利用者は、みよし市立福祉センター設置及び管理に関する条例(昭和54年三好町条例第21号。以下「条例」という。)第12条に規定する利用料を支払わなければならない。

(委任)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

(なかよしデイサービス事業実施要綱の廃止)

2 なかよしデイサービス事業実施要綱(平成16年三好町要綱)は、廃止する。

(なかよしデイサービス事業実施要綱廃止に伴う経過措置)

3 前項の規定による廃止前のなかよしデイサービス事業実施要綱第4条第1項の規定により派遣の決定を受けている者は、三好町なかよしサロン事業実施要綱第5条第2項に規定する利用の決定を受けたものとみなす。

附 則(平成27年11月26日)

この要綱は、平成28年1月1日から施行する。

附 則(平成28年3月1日)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

みよし市なかよしサロン事業実施要綱

平成18年3月31日 種別なし

(平成28年4月1日施行)