○防災資機材整備事業に係る内規

平成20年3月3日

(趣旨)

第1条 この内規は、防災倉庫整備事業により、防災倉庫を新たに設置した自主防災会に対して、防災資機材を支給し、地域の自主防災会の活動を支援するために、必要な事項を定めるものとする。

(対象組織)

第2条 行政区を単位とする自主防災会で、平成20年4月1日以降に新たに防災倉庫を設置する組織とする。

(支給品)

第3条 別表に掲げる防災資機材とする。

(備品台帳の整備)

第4条 この事業を実施する自主防災会は、備品台帳を整備し、毎年、みよし市自主防災組織育成事業補助金の実績報告の際に、その写しを添付するものとする。

附 則

この内規は、平成20年4月1日から適用する。

附 則(平成21年11月5日)

この内規は、平成22年1月4日から施行する。

別表

○防災資機材備蓄事業一覧表

区分

説明

対象資機材

補助率

限度額等

防災資機材備蓄事業

防災倉庫を整備した自主防災会に最低限必要な資機材の配付

① 初期消火用具{水バケツ(20ケ以内)、ヘルメット(20ケ以内)

② 水防用具{スコップ(10ケ以内)、ツルハシ(3ケ以内)、土のう袋(800枚以内)

③ 救出用具{バール(2ケ以内)、脚立(1ケ)、ノコギリ(5ケ以内)、ジャッキ(2ケ以内)、番線カッター(1ケ)、ハンマー(3ケ以内)、大ハンマー(3ケ以内)、一輪車(1ケ)

④ 給食・給水用具{6l飲料水袋(100ケ以内)

10/10

(現物配付)

各対象資機材の個数の範囲内で現物配付。

※防災倉庫が新たに整備された自主防災会のみ

※1回限り

防災資機材整備事業に係る内規

平成20年3月3日 種別なし

(平成22年1月4日施行)

体系情報
要綱集/ 総務部/ 防災安全課
沿革情報
平成20年3月3日 種別なし
平成21年11月5日 種別なし