○みよし市延長保育事業実施要綱

平成21年3月31日

三好町立延長保育実施要綱(平成18年3月31日)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この要綱は、みよし市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の保育料等に関する条例施行規則(平成27年みよし市規則第5号)第7条の規定に基づき、延長保育事業の実施に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 定期延長保育 平日(月曜日から金曜日まで(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号。以下「祝日法」という。)に規定する休日並びに1月2日、3日及び12月29日から31日までの日を除く。)をいう。)の午後4時から午後7時までの間に係る保育をいう。

(2) 土曜延長保育 土曜日(祝日法に規定する休日並びに1月2日、3日及び12月29日から31日までの日を除く。)の午後4時から午後5時までの間に係る保育をいう。

(3) 休日延長保育 休日等(日曜日及び祝日法に規定する休日(1月1日から3日及び12月29日から31日までの日を除く。)をいう。)の午後4時から午後6時までの間に係る保育をいう。

(4) 特別延長保育 平日の午後7時から翌日の午前7時30分までの間に係る保育をいう。

(対象児童)

第3条 定期延長保育の対象となる児童は、みよし市立保育所の設置及び管理に関する条例施行規則(昭和60年三好町規則第4号。以下「規則」という。)第10条第1項の規定により入所の承諾を受けた子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第20条第3項に規定する保育必要量が少ない者(以下「短時間認定の者」という。)のうち、午後4時から午後7時までの間において児童福祉法(昭和22年法律第164号)第24条第1項の規定に該当する児童とする。

2 土曜延長保育の対象となる児童は、規則第10条第1項の規定により入所の承諾を受けた短時間認定の者のうち、午後4時から午後5時までの間において児童福祉法第24条第1項の規定に該当する児童とする。

3 休日延長保育の対象となる児童は、規則第10条第1項の規定により入所の承諾を受けた短時間認定の者のうち、午後4時から午後6時までの間において児童福祉法第24条第1項の規定に該当する児童とする。

4 特別延長保育の対象となる児童は、規則第10条第1項の規定により入所の承諾を受けた者のうち、午後7時から翌日の午前7時30分までの間において児童福祉法第24条第1項の規定に該当する児童とする。ただし、特別延長保育を実施する保育所に在園する児童以外の利用については、保護者等が疾病、事故等の突発的な事由により保育ができない場合に限る。

(実施保育所)

第4条 延長保育事業を実施する保育所は、市長が指定した保育所とする。

(定員)

第5条 各保育園における延長保育の定員は、次のとおりとする。

(1) 午後4時から午後7時まで 規則別表に掲げる定員にみよし市一時的保育事業実施規則第4条の規定に基づき一時的に保育園の利用を承諾された児童の数を加えた人数

(2) 午後7時から午後10時まで 20人

(3) 午後10時から翌日の午前7時30分まで 5人

(定期延長保育等の利用手続等)

第6条 定期延長保育、土曜延長保育又は休日延長保育の実施を希望する保護者は、延長保育事業利用申込書(様式第1号)を市長又は指定管理者に提出しなければならない。

2 市長又は指定管理者は、前項の申込書を受理したときは速やかに保育の要否、期間その他必要な事項を調査し、及び保育の必要があると認めるときは延長保育承諾通知書(様式第2号)により、保育の必要がないと認めるときは延長保育不承諾通知書(様式第3号)により申込者に通知しなければならない。

3 延長保育の実施をしている児童の保護者は、その理由が消滅したときは、速やかに延長保育利用中止届出書(様式第4号)を市長又は指定管理者に提出しなければならない。

4 市長又は指定管理者は、前項の届出書を受理したときは、届出による利用の中止日をもって延長保育を中止するものとする。

(特別延長保育の利用手続等)

第7条 特別延長保育の利用を希望する児童の保護者は、特別延長保育事業利用申込書(様式第5号)を市長又は指定管理者に提出しなければならない。

2 市長又は指定管理者は、前項の申込書を受理したときは速やかに保育の要否、期間その他必要な事項を調査し、及び特別延長保育の必要があると認めるときは特別延長保育事業利用承諾通知書(様式第6号)により、特別延長保育の必要がないと認めるとき又は第5条に定める定員を超え、保育をすることができないと認めるときは特別延長保育不承諾通知書(様式第7号)により申込者に通知しなければならない。

3 特別延長保育を利用する児童の保護者は、その理由が消滅したときは、速やかに特別延長保育利用中止届出書(様式第8号)を市長又は指定管理者に提出しなければならない。

4 市長又は指定管理者は、前項の届出書を受理したときは、届出による利用の中止日をもって特別延長保育を中止するものとする。

(委任)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成21年4月1日から施行する。

(平成23年7月1日から同年9月30日までの間における定期延長保育の特例)

2 平成23年7月1日から同年9月30日までの間に定期延長保育を行う場合には、第2条第1号中「平日(月曜日から金曜日まで(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日並びに1月2日、3日及び12月29日から31日までの日を除く。)をいう。)」とあるのは「国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日を除く日」と、「午後7時まで」とあるのは「午後7時(日曜日及び土曜日にあって午後6時まで)」とする。

附 則(平成23年6月10日)

この要綱は、平成23年7月1日から施行する。

附 則(平成27年3月24日)

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成27年9月30日)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月23日)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

みよし市延長保育事業実施要綱

平成21年3月31日 種別なし

(平成28年4月1日施行)