○臨時医師等の就業に関する取扱内規

平成21年3月31日

(趣旨)

第1条 みよし市民病院の臨時医師、理学療法士、作業療法士等(以下「臨時医師等」という。)の就業に関し、みよし市一般職の非常勤職員の取扱いに関する要綱に定めるもののほか、この内規に定めるところによる。

(服務の根本原則)

第2条 臨時医師等は、みよし市及びみよし市民病院に関する条例、規則等を尊重し、上司の職務上の命令に従い誠実に職務を行わなければならない。

(勤務時間)

第3条 臨時職員等の勤務時間は、原則として4時間を基準とする。1時間単位の場合は必要の都度、院長が定める。

(1) 午前 午前8時30分から午後0時30分まで

(2) 午後 午後1時から午後5時まで

(3) 時間単位 1時間単位

(賃金)

第4条 臨時医師等の基準賃金は、別表のとおりとする。ただし、1週につき38時間45分を超える勤務をする臨時医師等については、月額により賃金を定めることができる。

2 愛知県の区域外から通勤する臨時医師には、みよし市職員の旅費に関する条例(昭和40年三好町条例第6号)に準じて、自宅から名古屋駅までの往復に要する旅費(日当を除く。)に利用した有料道路の利用料を加えた額を基準賃金に加算して支給することができる。

(賃金の減額)

第5条 臨時医師等が正規の勤務中に勤務しないときは、その勤務しない時間30分につき時間割賃金の2分の1に相当する額を減額する。

(当直及び時間外勤務命令)

第6条 院長は、臨時医師等に当直させ、又は時間外勤務を命ずることができる。

2 当直手当、時間外勤務手当は、別表に定めるとおりとする。

(適用除外)

第7条 この内規は、主たる勤務先がみよし市民病院である者(医師は除く。)には適用しない。

附 則

この内規は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成21年11月10日)

この内規は、平成22年1月4日から施行する。

附 則(平成22年3月1日)

この内規は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年11月1日)

この内規は、平成24年11月1日から施行する。

附 則(平成28年3月15日)

この内規は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第4条・第6条関係)

(単位:円)

区分

基準賃金

医師

通常勤務

免許取得

1年未満

勤務4時間当たり

20,000

 

1年以上5年未満

 

30,000

 

5年以上10年未満

 

35,000

 

10年以上

 

40,000

当直

免許取得

1年未満

1回当たり

35,000

 

1年以上

 

55,000

日直及び当直

免許取得

1年未満

1回当たり

70,000

 

1年以上

 

110,000

超過勤務

1時間当たり

5,000

理学療法士、作業療法士

通常勤務

免許取得

10年未満

勤務4時間当たり

12,000

10年以上20年未満

 

14,000

20年以上

 

16,000

超過勤務

1時間当たり

4,000

言語聴覚士

通常勤務

勤務4時間当たり

16,000

超過勤務

1時間当たり

4,000

特別な医療技術(教授・准教授等)を要する場合は、次に掲げる額を加算することができる。

(単位:円)

区分

加算額

教授

15,000

准教授

12,000

その他

5,000~20,000

備考

1 800床以上を有する医療機関で部長職以上の役職にある場合は、准教授級とみなす。

2 加算額の「その他」の欄は、次に掲げる場合に適用する。

ア 当院での常勤医師としての勤務年数が5年以上で院長、副院長の職にあった場合

イ 500床以上を有する医療機関で部長職以上の役職にある場合

ウ その他病院事業管理者が特に必要と認めた場合

3 日直又は当直の業務に従事している医師が、院外で検死又は看取りの業務を行ったときは、基準賃金のほかに1件当たり5,000円を支払う。

4 当病院の勤務年数及び貢献度に応じて、基準賃金の額の5割以内を加算することができる。

5 その他特別な職務は、別に定める。

臨時医師等の就業に関する取扱内規

平成21年3月31日 種別なし

(平成28年4月1日施行)

体系情報
要綱集/ 市民病院/ 管理課
沿革情報
平成21年3月31日 種別なし
平成21年11月10日 種別なし
平成22年3月1日 種別なし
平成24年11月1日 種別なし
平成28年3月15日 種別なし