○率先行動計画実施要領

平成17年4月1日

(目的)

第1条 みよし市環境管理要綱(以下「管理要綱」という。)第5条第2項第4号の「地球環境の取組」として、地球温暖化対策実行計画・庁内環境保全率先行動計画(以下「率先行動計画」という。)を取り組むため、この率先行動計画実施要領を定める。

(適用範囲)

第2条 率先行動計画の適用範囲は、管理要綱第3条の規定による適用範囲において行う事務・事業等の活動とする。

(取組項目)

第3条 率先行動計画を推進し、目的を達成するため、職員等は次に掲げる取り組みを行う。この場合において、具体的な取り組みの内容は表1に定めるとおりとする。

(1) 物品の購入に対する取組

 紙製品の購入(印刷製本等を含む。)は、環境に配慮した製品・製作に努める。

 紙類の購入は、購入する部署(課、室等)、施設ごとに購入量を紙類購入月別調査票(様式1―1)により毎月記録し、四半期ごとに紙類購入報告書(様式1)により環境管理事務局長へ報告する。

 購入する物品は、「グリーン購入調達方針」に従い環境に配慮した製品とし、環境負荷の低減に努める。

 事務機器、電気製品等の購入にあたっては、省エネルギー型、環境に配慮した製品に努める。

(2) 自動車利用に対する取組

 公用車における低公害車等の導入にあたっては、計画的な導入に努めるものとし、導入計画の整備を図り、使用燃料の削減に努める。

 公用車の使用にあたって、整備、点検、清掃等に努める。

 公用車及び自家用車の使用の自粛に心掛け、使用燃料の削減に努める。

 公用車を使用する職員等は、使用にあたってみよし市公用車等運行管理規程第22条に規定する「公用車運転日誌」を記録する。また、公用車を管理する部署等は、その使用状況を公用車使用状況月別調査票(様式2―1)により毎月記録し、四半期ごとに公用車使用状況報告書(様式2)により環境管理事務局長へ報告する。

(3) 庁舎、施設管理に対する取組

 省エネルギー・節水対策として、施設でのエネルギー及び資源(電気、ガス、灯油、水道等)の使用量の削減に努める。なお、使用エネルギー・資源等使用月別調査票(様式3―1)により毎月記録し、四半期ごとに使用エネルギー・資源等使用報告書(様式3)により環境管理事務局長へ報告する。

 紙類対策として、紙類の使用量の削減に努める。特に、両面使用(印刷・コピー)又は、裏面活用により、無駄のない紙類の使用に努める。

 ごみの減量、リサイクル対策として、資源・ごみ回収排出実施要領によるものとし、庁舎その他の施設から出るごみの減量と削減に努める。また、紙類対策と併せリサイクルに努める。なお、資源(古紙等)の分別と併せ、排出量をリサイクル・廃棄物排出量月別調査票(様式4―1)により毎月記録し、四半期ごとにリサイクル・廃棄物排出量報告書(様式4)により環境管理事務局長へ報告する。

 科学物質等を使用、又は廃棄する場合は、適正管理及び処理に努める。

 公共施設の緑化及び美化に努める。

(4) 土木・建築等公共工事の対策

 環境創造型公共工事施工指針によるものとし、事業の構想、計画及び設計の段階から環境への配慮及び負荷の低減に努める。

 省エネルギー、リサイクル製品等の積極的な使用に努める。

(5) イベント開催に対する対策

市が主体的に関わるイベントの開催については、環境に配慮したイベント開催要領によるものとし、自然との共生(自然の保全、生態系の維持等)、ごみ・交通(環境負荷の低減)、省エネルギー、省資源(節約、リサイクルの推進)、環境啓発(意識啓発)、運営体制(仕組み、体制整備)等に努める。

(推進、取組の把握)

第4条 目的達成のため、並びに職員等の取組状況及び今後の推進・改善等のため、取組評価チェック票(様式5)により、職員等自ら取組状況を毎月評価する。

(計画実践の役割分担とチェック)

第5条 各課等の長は、率先行動計画を実践するため、毎年年度始めに担当者(正・副)を定め、率先行動計画の実践役割分担表(様式6)を作成し、部局長の確認を得る。なお、年度途中に担当者の変更がある場合には、その都度率先行動計画の役割分担表を作成し、部局長の確認を得るものとする。

2 担当者又は副担当者は、率先行動計画の実践状況をチェックするため毎週金曜日にそれぞれ担当する項目のチェックを行い、率先行動計画の実践チェック表(様式7。以下「チェック表」という。)に記入し、翌週の月曜日に所属長等へ提出する。

3 所属長等は、担当者から提出されたチェック表により実践状況を確認し、所見欄にその内容を記載し、必要に応じて改善を行うものとする。

(報告手順、時期等)

第6条 各種の報告書、調査票等の提出の時期は、表2に定めるとおりとする。

2 報告書の提出にあたっては、作成者、所属長及び関係部局長の確認印を捺印のうえ提出する。

(記録文書の整理)

第7条 この要領に定める記録、文書の整理及び保管は、「ファイリングシステム導入マニュアル」に基づき行う。

(保管及び保存)

第8条 文書の保存期間は、当該記録が完結した日の属する年度の翌年から起算して、5年とする。

附 則

この要領は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年4月1日)

この要領は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年11月5日)

この要領は、平成22年1月4日から施行する。

画像画像画像画像画像

表2(第6条関係)

各種調査票等提出時期一覧表

様式、報告書・調査票名

作成時期

提出時期

提出先

備考

様式1

紙類購入報告書

毎月記録

原本提出

四半期(1.4.7.10)毎に翌月の15日まで

環境管理事務局長

各部署にて写し保管

様式1―1

紙類購入月別調査票

毎月記録

四半期毎の報告に写し(前3月分)を添付

環境管理事務局長

各部署にて原本保管

様式2

公用車使用状況報告書

毎月記録

原本提出

四半期(1.4.7.10)毎に翌月の15日まで

環境管理事務局長

各部署にて写し保管

様式2―1

公用車使用状況月別調査票

毎月記録

四半期毎の報告に写し(前3月分)を添付

環境管理事務局長

各部署にて原本保管

様式3

使用エネルギー・資源等使用報告書

毎月記録

原本提出

四半期(1.4.7.10)毎に翌月の15日まで

環境管理事務局長

各部署にて写し保管

様式3―1

使用エネルギー・資源等使用月別調査票

毎月記録

四半期毎の報告に写し(前3月分)を添付

環境管理事務局長

各部署にて原本保管

様式4

リサイクル・廃棄物排出量報告書

毎月記録

原本提出

四半期(1.4.7.10)毎に翌月の15日まで

環境管理事務局長

各部署にて写し保管

様式4―1

リサイクル・廃棄物排出量月別調査票

毎月記録

四半期毎の報告に写し(前3月分)を添付

環境管理事務局長

各部署にて原本保管

様式5

取組評価チェック票

(個人用、毎月用)

毎月記録

不要

不要

各部署にて原本保管

様式6

率先行動計画の実践

役割分担表

毎年年度始め

不要

不要

各部署にて原本保管

様式7

率先行動計画の実践

チェック表

毎週記録

不要

不要

各部署にて原本保管

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

率先行動計画実施要領

平成17年4月1日 種別なし

(平成22年1月4日施行)