○みよし市母子・父子自立支援員設置要綱

平成22年1月4日

(趣旨)

第1条 この要綱は、母子及び父子並びに寡婦福祉法(昭和39年法律第129号)第8条第1項の規定により母子家庭及び寡婦の相談に応じ、その自立に必要な情報提供及び指導並びに職業能力の向上及び求職活動に関する支援を行うため、みよし市母子・父子自立支援員(以下「自立支援員」という。)の設置に関し必要な事項を定めるものとする。

(身分)

第2条 自立支援員の身分は、みよし市一般職の非常勤職員の取扱いに関する要綱第2条第2号に規定する一般非常勤職員とする。

(職務)

第3条 自立支援員は、次に掲げる職務を行うものとする。

(1) 母子福祉資金及び父子福祉資金並びに寡婦福祉資金に関すること。

(2) 配偶者のない者で現に児童を扶養しているもの及び寡婦に対し、相談に応じ、その自立に必要な情報提供及び指導を行うこと。

(3) 配偶者のない者で現に児童を扶養しているもの及び寡婦に対し、職業能力の向上及び休職活動に関する支援を行うこと。

(4) 児童扶養手当を始めとした各種手当等の相談、申請受付及びその事務処理に関すること。

(5) その他所管職員の指示事項に関すること。

(勤務条件)

第4条 自立支援員の賃金、勤務時間その他勤務条件は、みよし市一般職の非常勤職員の取扱いに関する要綱に定めるところによる。

(遵守事項)

第5条 自立支援員は、次の事項を遵守しなければならない。

(1) その職の信用を傷つけるような行為をしてはならない。

(2) 職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(補則)

第6条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この要綱は、平成22年1月4日から施行する。

附 則(平成26年7月3日)

この要綱は、平成26年10月1日から施行する。

みよし市母子・父子自立支援員設置要綱

平成22年1月4日 種別なし

(平成26年10月1日施行)

体系情報
要綱集/ 子育て健康部/ 子育て支援課
沿革情報
平成22年1月4日 種別なし
平成26年7月3日 種別なし