○みよし市取付管の築造等に関する要綱

平成23年1月13日

取付管の築造等に関する要綱(平成元年4月1日)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この要綱は、市の排水処理施設の事業区域外の普及及び整備促進を図るため、みよし市農業集落家庭排水処理施設の設置及び管理に関する条例(昭和62年三好町条例第15号)第5条及びみよし市コミュニティプラント設置条例(平成9年三好町条例第1号)第5条に規定する取付管の築造、改築、増築、修繕又は撤去に係る分担金に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 敷地 建築物の存する一団の土地をいう。

(2) 取付管 建築物から排水を排水処理施設に流入させるために取り付ける排水管で、排水処理施設の本管又はマンホールから公共ますまでの延長の管をいう。

(3) 向管 既設の排水処理施設から新たに設置する取付管までの排水管をいう。

(4) 公共ます 排水を排水処理施設に流下させるために公道との用地境界付近に設置するますで、市長が指定したものをいう。

(取付管の築造)

第3条 みよし市農業集落家庭排水処理施設の設置及び管理に関する条例施行規則(平成元年三好町規則第7号)第2条第1項及びみよし市コミュニティプラント設置条例施行規則(平成9年三好町規則第1号)第2条第1項の申請による取付管及び公共ます(以下「取付管の築造等」という。)の築造数は、原則として1敷地1個とする。

(向管の築造)

第4条 向管の築造(以下「向管工事」という。)が必要となる敷地に建築物の建築を計画しようとする者は、次の書類を添えて、市と協議するものとする。

(1) 建築物の建築計画を証明する書類

(2) 縦断図

(3) 構造図

(4) その他市長が必要と認める書類

(取付管の築造等に係る受益者分担金相当額の納入)

第5条 第3条による取付管の築造等を市が行う場合の受益者分担金相当額は、次表のとおりとする。

 

100mm

150mm

農業集落家庭排水処理施設事業

285,000円

641,000円

コミュニティ・プラント事業

283,000円

 

2 前条に規定する向管工事を行った場合は、市の予算の範囲内において、次のとおりとする。

(1) 住宅の用に供する建築物 受益者分担金相当額に向管工事費から受益者分担金相当額を差引いた費用の2分の1を合算した額

(2) 営利を目的とする建築物 受益者分担金相当額に向管工事費から受益者分担金相当額を差引いた費用全額を合算した額

3 市長は、受益者分担金相当額を算出し、申請者に取付管築造等決定通知書(別記様式)を交付するものとする。

4 受益者分担金相当額の納入は、市長の指定する期日までに一括納入するものとする。

(帰属及び管理)

第7条 取付管の築造等は、完了検査の終了後、市に帰属する。

2 帰属された取付管の築造等の維持管理は、市が行う。

附 則

この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

画像

みよし市取付管の築造等に関する要綱

平成23年1月13日 種別なし

(平成23年4月1日施行)