○みよし市一般職職員の研修受講履歴による昇任資格基準

平成23年3月3日

(趣旨)

第1条 この基準は、みよし市一般職職員(保育職、技能労務職及び病院勤務の医療職を除く。)のうち、みよし市職員の職種及び補職に関する規則(平成17年三好町規則第22号)に規定する主任主査及び主任(以下「主任主査級」という。)並びに主査及び副主任(以下「主査級」という。)への昇任候補者選考資格として、必要とする研修受講に関する基準を定めるものとする。

(昇任対象となる職及び研修受講内容)

第2条 昇任対象となる職及び研修受講内容については次表のとおりとし、みよし市研修計画に基づく階層別研修とする。

対象職

研修名

受講時期

主な内容

必要受講単位

主任主査級

一般職員後期研修

在職年数

大卒11年目から14年目まで

短大卒13年目から16年目まで

公務員倫理、接遇

2日

キャリアアップ研修(選択)

2日

主査級

新規採用職員導入研修

採用から1年の間

服務、接遇、情報公開、財務会計、市長講話

2日

新規採用職員前期研修

採用から1年の間

文書法規、公務員倫理、仕事の進め方

2日

新規採用職員後期研修

採用から1年の間

接遇、地方公務員制度、住民との協働

2日

一般職員前期研修

在職年数

大卒2年目から5年目まで

短大卒3年目から6年目まで

初級地方自治制度

2日

初級地方税財政制度

2日

初級民法

2日

一般職員中期研修

在職年数

大卒6年目から10年目まで

短大卒7年目から11年目まで

法制執務

2日

行政法

2日

政策ディベート

2日

(昇任要件)

第3条 昇任候補者選考に当たっては、前条に定める研修を全て受講している者を昇任候補者とする。

(昇任要件の特例)

第4条 前条に定める要件を満たしていない場合であっても、市長が認めた場合は、同条の規定にかかわらず昇任候補者とすることができる。

(委任)

第5条 この基準に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この基準は、平成23年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この基準の施行の日前に、豊田みよし研修協議会により実施された研修は、第2条の規定により実施されたものとみなす。

附 則(平成24年3月19日)

この基準は、平成24年4月1日から施行する。

みよし市一般職職員の研修受講履歴による昇任資格基準

平成23年3月3日 種別なし

(平成24年4月1日施行)

体系情報
要綱集/ 総務部/ 人事課
沿革情報
平成23年3月3日 種別なし
平成24年3月19日 種別なし