○みよし市公共ます等設置要綱

平成17年4月1日

(趣旨)

第1条 この要綱は、みよし市公共下水道事業、農業集落家庭排水処理施設事業及びコミュニティ・プラント事業における公共ます及び取付管(以下「公共ます等」という。)の設置に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 公共ます 汚水又は排水(以下「汚水」という。)を下水道施設又は排水処理施設(以下「下水道施設」という。)に流下させるために公道との用地境界付近に設置するますで、市長が指定したものをいう。

(2) 取付管 建築物から汚水を下水道施設に流入させるために取り付ける排水管で、下水道又は排水処理施設の本管又はマンホールから公共ますまでの延長の管をいう。

(3) 一受益地 同一受益者の隣接する一団の筆地(以下「敷地」という。)をいう。

(設置条件)

第3条 公共ます等の設置は、受益者負担金及び受益者分担金(以下「受益者負担金等」という。)を滞納していない場合において行う。

2 取付管に接続する公共ますの設置場所は、原則として敷地内とし、道路境界から1メートル以内とする。ただし、市長がやむを得ないと認める場合は、この限りでない。

(一受益地の設定及び公共ます等の設置の個数)

第4条 一受益地の設定は、受益者負担金等の決定の通知をした日とする。ただし、みよし市農業集落家庭排水処理施設の設置及び管理に関する条例施行規則第2条第1項(平成元年三好町規則第7号)みよし市コミュニティ・プラント設置条例施行規則第2条第1項(平成9年三好町規則第1号)又はみよし市公共下水道区域外流入取扱要綱第4条の規定による申請があったときは、それらの申請に基づく決定の通知をした日に一受益地を設定するものとする。

2 公共ます等の設置の個数は、次に掲げるところによる。

(1) 市街化区域内は、次の表に掲げる個数(以下「基準個数」という。)まで設置することができる。

一受益地の敷地面積

基準個数

500平方メートルまで

1個

500平方メートルを超え1,000平方メートルまで

2個

1,000平方メートルを超え1,500平方メートルまで

3個

1,500平方メートルを超え2,000平方メートルまで

4個

2,000平方メートルを超える場合

5個

(2) 市街化調整区域内は、一受益地に1個とする。

3 前項第1号の規定により公共ます等を基準個数まで設置し、又は増設しようとするときの基準は、次に掲げるところによる。

(1) 土地及び建物の利用形態により設置が適当と認められる場合は、規定する基準個数まで増設することができる。

(2) 分筆による譲渡又は借地権等の設定(以下「分筆による譲渡等」という。)により一受益地を新設した場合は、規定する一受益地の敷地面積による基準個数まで設置し、又は増設することができる。

(3) 農地又は山林の徴収猶予の取消しをした場合は、徴収猶予取消しの決定の通知をした日の敷地面積により、規定する基準個数まで設置し、又は増設することができる。

(申請等)

第5条 公共ますの設置又は増設を希望する者は、公共ます等設置申請書(別記様式)により市長に申請しなければならない。

2 市長は、前項による申請があったときは、速やかに内容を審査し、設置又は増設の適否を決定するものとする。

(費用負担等)

第6条 第4条に規定する公共ます等の設置又は増設に要する費用は、市の負担とする。

2 第4条に規定する個数を超えて公共ます等を設置し、又は増設することができる者は、次に掲げる者とする。

(1) 市街化区域内 公共ます等の設置又は増設が適当と認められる者

(2) 市街化調整区域内 公共ます等の増設が適当と認められる者又は分筆による譲渡等により一受益地を新設し、公共ます等の設置を必要とする者

3 前項に規定する公共ます等の設置又は増設に要する費用は、当該設置又は増設をしようとする者の負担とする。

(維持管理)

第7条 設置、増設又は追加された公共ます等は、前条費用負担の別にかかわらず市が維持管理し、当該土地の使用期間はこれらの存続期間とし、かつ、使用料は無償とする。ただし、使用者に起因し、公共ます等の機能に支障が生じたときは、使用者の責任において取替え又は補修し、機能を回復しなければならない。

(使用者の責務)

第8条 公共ます等の使用者は、清掃等を行い、公共ますを清潔に維持するように努めなければならない。また、公共ます等の点検、補修、取替え等に支障をきたすような工作物を設け、又は物件を置いてはならない。

(移設及び撤去)

第9条 公共ます等の移設又は撤去を希望する者は、みよし市下水道条例施行規則(昭和56年三好町規則第18号)第15条の規定を準用する。

2 前項の規定による移設又は撤去に要する費用は、当該工事をしようとする者の負担とする。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定めるものとする。

附 則

この要綱は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成22年1月4日)

この要綱は、平成22年1月4日から施行する。

附 則(平成23年4月1日)

この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月23日)

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成24年12月25日)

この要綱は、平成24年12月25日から施行する。

画像

みよし市公共ます等設置要綱

平成17年4月1日 種別なし

(平成24年12月25日施行)

体系情報
要綱集/ 都市建設部/ 下水道課
沿革情報
平成17年4月1日 種別なし
平成22年1月4日 種別なし
平成23年4月1日 種別なし
平成24年3月23日 種別なし
平成24年12月25日 種別なし