○みよし市農地バンク制度実施要綱

平成25年3月29日

(目的)

第1条 この要綱は、農地の賃貸借に関する情報を収集し、広く提供することにより、担い手の営農規模の拡大の促進及び新たに就農しようとする者への支援並びに農地の有効利用を図り、もって遊休農地の発生防止及び解消に寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 登録農地情報 貸出しを希望する農地の所在、地番、地目、面積、現在の利用状況、貸出し希望期間及び希望貸付料並びに位置図の情報をいう。

(2) 農地バンク 都市計画法(昭和43年法律第100号)第7条第1項に規定する市街化調整区域内に存する農地の貸出しを希望する土地所有者及びその農地の情報を収集し、農地の借入れを希望する者にその情報を提供する制度

(農地の登録の申請)

第3条 農地の登録を希望する者は、農地バンク登録申請書(様式第1号。以下「登録申請書」という。)に登録する農地についての必要な情報を記載し、農業委員会の会長(以下「会長」という。)に提出しなければならない。

2 会長は、前項の規定により登録申請書の提出を受けたときは、農地バンクに登録するものとする。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、農地バンクに登録することができない。

(1) 登録申請書の提出が土地所有者等真正な権利者以外の者から行われたとき。

(2) 登録の申請の対象となる農地にその土地を利用する権限を有する第三者がいる場合で、その者の同意がないとき。

(3) 前項の規定により農地の登録を希望する者が、登録に係る農地について共有持分を有する者からの同意がないとき。

(4) 農地の登録を希望する者が、登録に係る農地を相続人として管理する場合で、他の相続人からの同意がないとき。

(登録の抹消)

第4条 会長は、農地バンクに登録された日から起算して3年を経過する日が属する年度の末日を経過したとき又は前条第1項の規定により登録申請書を提出した者(以下「登録者」という。)から農地バンク登録抹消届(様式第2号)の提出があったときは、当該登録を抹消するものとする。

2 会長は、前項の規定にかかわらず、農地バンクに登録された農地が前条第2項各号のいずれかに該当すると認めたときは、登録を抹消するものとする。

(登録情報の提供)

第5条 農地バンクに登録された登録農地情報の提供を受ける者(以下「情報収受者」という。)は、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 農地法(昭和27年法律第229号)第3条第2項ただし書の規定により許可することができる者のうち規模の拡大を目指すもの

(2) 農地法第2条第3項に規定する農地所有適格法人

(3) 農業経営基盤強化促進法(昭和55年法律第65号)第12条の2第1項に規定する認定農業者

(4) 学校教育法(昭和22年法律第26号)による高等学校又は大学において農業に関する正規の課程を修めて、卒業した者又は卒業する見込みのある者

(5) 愛知県が実施する就農する者を育成する研修を修了した者又は修了する見込みのある者

(6) 援農ネットみよしにおける就農者育成コース又は農業ふれあいコースの講習を修了した者又は修了する見込みのある者

2 情報収受者は、登録情報提供申請書(様式第3号。以下「提供申請書」という。)を会長に提出しなければならない。

3 会長は、前項の規定による提供申請書の提出を受けたときは、借受けの希望に沿った区域ごとの登録農地情報を提供するものとする。

4 情報収受者は、前項の規定による登録農地情報をもって土地所有者と直接交渉してはならない。

(情報収受者の登録)

第6条 前条第1項第1号から第3号までに規定する情報収受者で継続的な登録農地情報の提供を希望するものは、継続借受者登録申請書(様式第4号。以下「借受登録申請書」という。)を会長に提出しなければならない。

2 会長は、前項の規定により借受登録申請書の提出を受けたときは、内容を確認し、適当と判断したときは、借受希望者台帳に登録するものとする。

3 会長は、借受希望者台帳に登録された日から起算して3年を経過する日が属する年度の末日を経過したとき又は前条第1項第1号から第3号までのいずれかに該当しなくなったときは、当該登録を抹消するものとする。

4 会長は、第3条第2項本文の規定により登録した農地が、第2項の規定により登録された者が希望する条件に該当するときは、第5条第2項の提供申請書の提出によらず、その者に登録農地情報を提供するものとする。

(借受農地の決定)

第7条 情報収受者は、第5条第3項及び前条第4項の規定により提供を受けた登録農地情報の中で借受けを希望する農地が決まったときは、農地バンク借受希望申出書(様式第5号。以下「借受申出書」という。)を会長に提出しなければならない。

2 前項の借受申出書を提出する者(以下「借受希望者」という。)が、第5条第1項第4号から第6号までに該当する場合は、営農計画書(様式第6号)を借受申出書に添付しなければならない。

3 会長は、借受申出書の提出を受けたときは、借受希望者に当該借受けを希望する農地の土地所有者の情報を提供する。

(登録者への情報提供)

第8条 会長は、借受申出書の提出を受けたときは、前条第3項により情報を提供した農地の土地所有者へ借受者情報提供通知書(様式第7号)により借受希望者の情報を提供する。

(当事者間による契約)

第9条 農地の賃貸借の条件に関する交渉及び契約の締結は、土地所有者及び借受希望者の当事者間で行うものとする。

2 土地所有者又は借受希望者が契約内容の変更を行う場合は、当事者間で速やかに手続をしなければならない。

3 契約に関する一切の紛争は、当事者間で解決するものとする。

(法令の手続)

第10条 土地所有者又は借受希望者は、前条第1項の規定による契約が締結されたときは、法令の規定による手続をしなければならない。

(成否の報告)

第11条 借受希望者は、第9条第1項の契約を締結したときは、賃借成否報告書(様式第8号)を会長に提出しなければならない。

(情報の管理)

第12条 登録農地情報は、農業委員会が管理する。

2 登録農地情報のうち位置図の閲覧は、農業委員会、援農ネットみよし及びあいち豊田農業協同組合三好営農センターにて行うことができる。

3 農業委員会は、位置図を毎月更新し、援農ネットみよし及びあいち豊田農業協同組合三好営農センターに提供するものとする。

(個人情報の取扱い)

第13条 農地バンクの登録者及び情報収受者は、農地バンクの利用により得た個人情報を漏らしてはならない。

(補則)

第14条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、農業委員会が別に定める。

附 則

この要綱は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成28年4月1日)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

みよし市農地バンク制度実施要綱

平成25年3月29日 種別なし

(平成28年4月1日施行)