○みよし市防犯カメラの道路の占用の許可基準等を定める要綱

平成25年10月1日

(目的)

第1条 この要綱は、道路法(昭和27年法律第180号)第32条及び第33条並びにみよし市道路管理規則(昭和51年三好町規則第4号)第3条の規定に基づく道路の占用の許可の申請に関し、防犯カメラの道路の占用の許可基準等を定めることを目的とする。

(占用の期間)

第2条 占用の期間は、3年以内とする。

(許可基準)

第3条 防犯カメラの占用の許可基準は、次のとおりとする。

(2) 既設の街路灯又は道路の占用をしている防犯灯その他これに類する物件(以下「占用物件」という。)に添加するものであること。ただし、既設の街路灯若しくは占用物件がない場合又は既設の街路灯若しくは占用物件に添加することが構造的にできない場合は、通行の安全を確保できる範囲で、最小限の規模及び数量の柱を独自に設けて設置することができる。

(3) 他人の占用物件に添加する場合は、当該占用物件の管理者の了解を得ること。

(4) 防犯カメラの最下部と路面との距離は、5メートル以上であること。ただし、歩道上においては、3メートル以上とすることができる。

(5) 風圧その他の外力に対して十分な強度を有する構造であること。

(6) 電力ケーブルは、単独で設けること。

(7) 防犯カメラを設置している柱等に防犯カメラを設置する旨及び占用する者の名称を添加すること。この場合において、占用する者の名称の表示範囲は、縦15センチメートル以下、横8センチメートル以下とすること。

(その他の取扱い)

第4条 道路の状況等によりこの要綱の基準により難いと認められる場合又はこの要綱に定めのない事項に関する取扱いについては、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成25年10月1日から施行する。

みよし市防犯カメラの道路の占用の許可基準等を定める要綱

平成25年10月1日 種別なし

(平成25年10月1日施行)

体系情報
要綱集/ 都市建設部/ 道路河川課
沿革情報
平成25年10月1日 種別なし