○感謝状等の贈呈に関する取扱要領

平成9年5月1日

(趣旨)

第1条 この要領は、感謝状等の贈呈について必要な事項を定めるものとする。

(感謝状の贈呈対象)

第2条 感謝状の贈呈対象は、市が事務事業を遂行するにあたり、積極的に援助又は協力したもので、別表の功労区分に伴い、謝意を表することを適当と認められるものとする。

(感謝状贈呈の基準)

第3条 感謝状の贈呈基準は、次に掲げるところによる。

(1) 別表の功労区分に従い、その功績内容が謝意を表することを適当と認められるもの

(2) 前号の他、特に市長が感謝状贈呈を必要と認めるもの

(3) 市税を滞納していない者であること。

(感謝状の時期)

第4条 感謝状の授与は文化の日記念式典または必要と認められる場合にこれを行うものとする。

(賞状の贈呈対象)

第5条 賞状の贈呈対象は次に掲げるところによる。

(1) 文化・芸術・スポーツ等の各分野における大会等において、優秀な成績を収め、市の名声を高めたものとする。

(2) 市が主催する各種大会、コンクール等において優秀な成績を収めたものとする。

(3) 各団体から、各々の規程に従い賞状贈呈に相応しいとして推薦されたものとする。

(賞状の贈呈基準)

第6条 賞状の贈呈基準は、別に定める区分に従い、賞状贈呈が適当と認められるものとする。

(賞状贈呈の時期)

第7条 賞状の贈呈時期は次のとおりとする。

(1) 第5条第1号における場合は、文化の日記念式典または必要と認められる場合に、これを行うものとする。

(2) 第5条第2号における場合は、各種大会、コンクール等開催時とする。

(3) 第5条第3号における場合は、各団体総会等開催時とする。

附 則

この要領は、平成9年5月1日から施行する。

附 則(平成11年7月1日)

この要領は、平成11年7月1日から施行する。

附 則(平成12年9月1日)

この要領は、平成12年9月1日から施行する。

附 則(平成13年5月1日)

この要領は、平成13年5月1日から施行する。

附 則(平成16年8月1日)

この要領は、平成16年8月1日から施行する。

附 則(平成22年1月4日)

この要領は、平成22年1月4日から施行する。

附 則(平成22年9月1日)

この要領は、平成22年9月1日から施行する。

附 則(平成23年9月1日)

この要領は、平成23年9月1日から施行する。

別表(第3条関係)

感謝状の功労区分

功労区分

功績内容

自治

地方自治の伸展に貢献し、その功績の顕著なもの

産業(商工)

産業の開発、振興に貢献し、その業績の顕著なもの

教育

教育・学術の振興に貢献し、その業績の顕著なもの

文化

技芸その他文化の振興に貢献し、その功績の顕著なもの

体育

体育、スポーツの振興に貢献し、その功績が顕著なもの

福祉(社会福祉、児童福祉、保健衛生)

福祉、医療、保健、衛生において貢献し、その功績の顕著なもの

生活安全

安全なまちづくりに貢献しその功績が顕著なもの

ふるさと

地域振興、ふるさとづくりに貢献し、その功績が顕著なもの

国際交流

国際交流に貢献し、その功績が顕著なもの

環境

自然環境保護に貢献し、その功績が顕著なもの

ボランティア

ボランティア活動を通じて地域社会づくりに貢献し、その功績が顕著なもの

感謝状等の贈呈に関する取扱要領

平成9年5月1日 種別なし

(平成23年9月1日施行)

体系情報
要綱集/ 総務部/ 総務課
沿革情報
平成9年5月1日 種別なし
平成11年7月1日 種別なし
平成12年9月1日 種別なし
平成13年5月1日 種別なし
平成16年8月1日 種別なし
平成22年1月4日 種別なし
平成22年9月1日 種別なし
平成23年9月1日 種別なし