○みよし市福祉有償運送運営協議会設置要綱

平成27年2月20日

(目的)

第1条 道路運送法(昭和26年法律第183号。以下「法」という。)の規定に基づく福祉有償運送(道路運送法施行規則(昭和26年運輸省令第75号)第49条第1項第3号に規定する福祉有償運送をいう。以下同じ。)について、その必要性及びこれを行う場合における旅客から収受する対価その他自家用福祉有償運送の適正な運営の確保のために必要となる事項を協議するため、みよし市福祉有償運送運営協議会(以下「協議会」という。)を開催することに関し必要な事項を定めるものとする。

(協議事項)

第2条 協議会は、次の事項について協議を行う。

(1) 法第79条の規定に基づき、福祉有償運送の登録(法第79条の6第1項の規定に基づく有効期間の更新の登録及び法第79条の7第1項の規定に基づく変更登録を含む。)を申請する場合における運送の必要性及び旅客から収受する対価に関する事項

(2) 福祉有償運送を行う場合の安全の確保及び旅客の利便性の確保に係る方策

(3) 法第79条の12第1項第4号の規定による合意の解除に関する事項

(4) 協議会の運営方法、福祉有償運送のサービス内容及びその他自家用福祉有償運送に関し協議会が必要と認める事項

(出席者)

第3条 市長は、次に掲げる者のうちから、協議会への出席を依頼する。

(1) 学識経験を有する者

(2) タクシー等関係交通機関の代表及び運転者の代表

(3) 国土交通省中部運輸局愛知運輸支局の職員

(4) ボランティア団体の代表

(5) 市民の代表

(6) 現に市内で福祉有償運送を行っている特定非営利活動法人等の代表

(7) 市の職員

(会議の運営)

第4条 協議会の参加者は、その互選により協議会を進行する座長を定めることができる。

2 市長は、必要があると認めるときは、協議会に関係者の出席を求め、その意見若しくは説明を聴き、又は資料の提出を求めることができる。

(開催期間)

第5条 協議会の開催期間は、3年間を目途とする。

(庶務)

第6条 協議会の庶務は、福祉課において処理する。

(委任)

第7条 この要綱に定めるもののほか、協議会に関し必要な事項は、市長が定める。

附 則

この要綱は、平成27年2月20日から施行する。

附 則(平成27年5月12日)

この要綱は、平成27年5月12日から施行する。

みよし市福祉有償運送運営協議会設置要綱

平成27年2月20日 種別なし

(平成27年5月12日施行)

体系情報
要綱集/ 福祉部/ 福祉課
沿革情報
平成27年2月20日 種別なし
平成27年5月12日 種別なし