○みよし市地区子ども会活動事業実施要領

平成27年1月21日

(目的)

第1条 地区(行政区、コミュニティその他これらに準ずる区域をいう。以下同じ。)で組織する子ども会は、その活動により地域の子ども達の自主性と社会性を高めるとともに、日常生活を健全で豊かなものにし、もって地域社会における児童の福祉の増進に資することを目的とする。

(組織)

第2条 子ども会は、地区内に居住する子どもをもって組織する。

2 子ども会の会員は、おおむね小学生及び中学生とする。

3 子ども会の会員は、おおむね30人以上とする。ただし、会員がおおむね30人に満たない子ども会で市長が特に必要と認めた場合は、この限りでない。

(子ども会活動の援助等)

第3条 会員の保護者は、育成会を組織するとともに、役員、指導者又は世話人を置いて、側面的に子ども会の運営並びに円滑な子ども会行事の開催の援助に務めるものとする。

2 育成会を組織していない子ども会は、会員の保護者若しくは当該地区の子ども会活動に関心のある住民から指導者又は世話人を選任して、側面的に子ども会の運営並びに円滑な子ども会行事の開催の援助に務めるものとする。

(運営)

第4条 子ども会の運営は、育成会の援助を受け、会員により自主的に行われるものとする。

2 子ども会は、会員の互選により代表者を1人以上置くものとする。

3 会員は、原則として活動費に充てるため定期的に会費を納入するものとする。

(運営)

第5条 子ども会は、次の活動目標のもとに児童の余暇生活を利用し、レクリェーションその他の集団活動をすること。

(1) 子ども達自身で計画的かつ継続的に楽しむもの

(2) 子ども達全員が参加するもの

(3) 楽しい遊びや行事をとおして生活態度を養うもの

(4) 全員みんなの考えを生かすもの

(5) 年間計画を作成し恒常的かつ計画的に行うもの

(補助)

第6条 子ども会は、運営並びにあらかじめ計画した事業に要する経費が、第4条第3項による会費等による自己の財源では不足すると見込まれるときは、みよし市補助金等交付規則(平成13年三好町規則第2号)及び地区子ども会活動費補助金交付要綱(平成13年4月1日)の規定に基づき、市に補助金の交付の申請をすることができる。

(会則)

第7条 子ども会は、おおむね次の事項についての会則を定めるものとする。

(1) 名称と事務所

(2) 目的

(3) 会員

(4) 事業

(5) 役員

(6) 会議

(7) 経費

(帳簿等の整備)

第8条 子ども会には、次の書類を整備するものとする。

(1) 会員、役員、世話人及び指導者の名簿

(2) 年間事業計画及び活動の記録

(3) 予算書、決算書及び現金出納帳

(経理)

第9条 子ども会は、活動に係る関係帳簿及び証拠書類を事業完了後5年間保管しておくものとする。

(その他)

第10条 この要領に定めるものほか、子ども会活動の実施に関し必要な事項は、市長が別に定めるものとする。

附 則

この要領は、平成27年4月1日から施行する。

みよし市地区子ども会活動事業実施要領

平成27年1月21日 種別なし

(平成27年4月1日施行)

体系情報
要綱集/ 子育て健康部/ 子育て支援課
沿革情報
平成27年1月21日 種別なし