○みよし市特定建設工事共同企業体取扱要領

平成21年4月1日

(趣旨)

第1条 この要領は、みよし市が発注する公共工事の円滑な履行の確保並びに中小企業者の技術の向上及び受注機会の増大を図るため、建設工事を特定建設工事共同企業体(以下「共同企業体」という。)により施工する場合の取扱いについて、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要領において、共同企業体とは、みよし市が発注する特定の工事の施工を目的として工事ごとに結成する共同企業体をいう。

(対象工事)

第3条 共同企業体の施工対象工事は、次に掲げる工事(以下「大規模工事」という。)であって、工期、内容及び技術的特性を総合的に勘案し、みよし市競争入札審査委員会(以下「審査委員会」という。)に諮って市長が決定する。ただし、審査委員会において認められた場合は、大規模工事以外の工事も対象工事とすることができる。

(1) 土木工事及び建築工事 設計金額3億円以上

(2) 設備工事 設計金額1億円以上

(構成員の資格)

第4条 共同企業体の構成員は、次の各号のいずれにも該当する者でなければならない。

(1) みよし市における入札参加資格を有すること。

(2) 当該工事に対応する許可業種につき、許可を有しての営業年数が5年以上であること。

(3) 当該工事と同種の工事について、元請としての実績を有すること。

(4) 全ての構成員が、当該工事に対応する許可業種に係る監理技術者又は国家資格を有する主任技術者を工事現場に専任で配置し得ること。

(5) その他の構成員の資格については、審査委員会に諮り決定する。

(結成)

第5条 共同企業体の結成は、自主結成を基本とし、次の各号に掲げる要件を満たすものとする。

(1) 構成員の数は2者とする。ただし、審査委員会において必要と認めた場合は、3者とすることができる。

(2) 構成員は1の発注する工事につき、2以上の共同企業体の構成員となることができない。

(入札参加資格審査申請)

第6条 共同企業体が、入札参加を希望するときは、入札参加資格確認申請を指定する日時までに市長に提出するものとする。

(出資比率)

第7条 共同企業体の構成員の出資比率は、次に掲げる最小限度基準を下回らない範囲で、構成員において自主的に定めるものとする。

(1) 構成員が2者の場合 30パーセント

(2) 構成員が3者の場合 20パーセント

2 代表者の出資比率は、構成員中最大としなければならない。

(混合方式)

第8条 共同企業体による一般競争入札において、入札参加企業体が少ないと想定される場合は、単体企業も参加できる混合方式を行うことができる。

(その他)

第9条 この要領の適用に関し必要な事項は、審査委員会に諮って定める。

附 則

1 この要領は、平成21年4月1日から施行する。

2 三好町共同企業体取扱要領(平成8年4月1日制定)は廃止する。

3 三好町建設共同企業体取扱要領(平成元年4月1日制定)は廃止する。

附 則(平成22年1月4日)

この要領は、平成22年1月4日から施行する。

附 則(平成23年5月10日)

この要領は、平成23年5月10日から施行する。

附 則(平成24年11月1日)

この要領は、平成24年11月1日から施行する。

みよし市特定建設工事共同企業体取扱要領

平成21年4月1日 種別なし

(平成24年11月1日施行)

体系情報
要綱集/ 総務部/ 総務課
沿革情報
平成21年4月1日 種別なし
平成22年1月4日 種別なし
平成23年5月10日 種別なし
平成24年11月1日 種別なし