○みよし市防犯灯設置及び維持管理要領

平成27年4月1日

(目的)

第1条 この要領は、犯罪被害を防止するため、防犯灯の設置及び維持管理について必要な事項を定める。

(設置者及び維持管理者)

第2条 防犯灯の設置者及び維持管理者は、市とする。

(設置基準)

第3条 防犯灯は、行政区の要望に基づき、公衆用道路における歩行者の犯罪被害を防止するため、次のとおり設置する。

(1) 設置間隔は、見通しのきかない場合を除き、概ね40m以上とすること。

(2) 隣家から離れていて、犯罪発生の恐れのある場所に設置すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか夜間の歩行上危険な場所に設置すること。

(4) 施設等の保安を目的としないこと。

(5) 防犯灯は、20w型LED防犯灯を標準タイプとし、電柱付けを基本とすること。これにより難い場合は、市生活安全担当課と協議する。

(費用の負担)

第4条 防犯灯の設置及び維持管理に要する費用の負担区分は、次のとおりとする。

(1) 設置、移設及び撤去に要する費用は、市が負担する。

(2) 修理に要する費用は、市が負担する。

(3) 電気料は、行政区が負担する。

(防犯灯の設置要望)

第5条 防犯灯の設置を要望する行政区は、行政区需要状況調査書を生活安全担当課に提出しなければならない。

(防犯灯の登録シール)

第6条 市は、防犯灯を設置した場合は、登録シール(別記様式)を当該防犯灯に貼り付けるものとする。

附 則

この要領は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月15日)

この要領は、平成28年4月1日から施行する。

画像

みよし市防犯灯設置及び維持管理要領

平成27年4月1日 種別なし

(平成28年4月1日施行)

体系情報
要綱集/ 総務部/ 防災安全課
沿革情報
平成27年4月1日 種別なし
平成28年3月15日 種別なし