○みよし市病院事業職員の人事評価実施要綱

平成28年3月28日

(意義)

第1条 人事評価は、職員の業績、能力及び態度並びに医療職及び介護職の職務遂行能力(以下「職能」という。)を評価することにより、昇任、給与、分限その他の人事管理の基礎として活用するとともに職員の資質と士気の向上を図り、もって公務能率の増進と人事管理の適正な運営に資することを目的とする。

(被評価者の範囲)

第2条 職能評価の被評価者の範囲は、市要綱第4条に定める者で、職種が看護師、薬剤師、技師及び介護士であるものとする。

(職能評価の評価基準日)

第3条 職能評価は、毎年4月1日及び10月1日を基準に実施する。

(評価者)

第4条 人事評価を行う者(以下「評価者」という。)は、病院事業管理者が別に定める。

(職能評価)

第5条 評価の内容は、職種ごとに経験及び補職を考慮して、病院事業管理者が別に定める。

2 職能評価は、次の手順により行う。

(1) 病院事業管理者が別に定める職能要件書職能シート(以下「職能シート」という。)に掲げる各作業内容に対し、完全にできている場合は○を付し、不十分な場合は×を付す。

(2) 前号に掲げる○の取得率を百分率で算出する。

(3) 被評価者は、前2号に定める評価が終了したら、別に指定する期日までに第1次評価者へ職能シートを提出する。

(4) 第1次評価者は第2次評価者へ、第2次評価者は第3次評価者(最終評価者)へ、それぞれ別に定める期日までに、前号に準じて評価を実施し、職能シートを提出する。なお、第2次評価者又は第3次評価者のない場合は、それぞれ第1次評価者又は第2次評価者が最終評価者となる。

(5) 最終評価者は、職能評価を完了したら、実施済みの職能評価シートを病院事業管理者に提出する。

(6) 病院事業管理者は、最終評価者から提出された職能要件書職能シートに基づき、職種ごとに被評価者の偏差値を算出する。

(人事評価の決定)

第6条 人事評価の総合評価の評語は、みよし市職員の人事評価実施要綱(平成18年3月31日。以下「市要綱」という。)に基づき実施した業績評価、能力評価及び態度評価により算定した総合評価の評価点に、職能評価の結果算出された偏差値により病院事業管理者が別に定める算式を用いて算出した職能率を乗じて得た数値を最終総合評価点とし、市要綱第14条で定める表に基づき決定する。

(雑則)

第7条 みよし市病院事業職員の人事評価については、この要綱その他病院事業管理者が別に定めるもののほか、みよし市職員の人事評価実施要綱(平成18年3月31日。以下「市要綱」という。)の例による。

附 則

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

みよし市病院事業職員の人事評価実施要綱

平成28年3月28日 種別なし

(平成28年4月1日施行)

体系情報
要綱集/ 市民病院/ 管理課
沿革情報
平成28年3月28日 種別なし