○みよし市教育委員会褒賞に関する取扱要綱

平成4年4月1日

(趣旨)

第1条 この要綱は、みよし市教育委員会褒賞規程(平成4年三好町教育委員会規程第1号。以下「規程」という。)第10条の規定に基づき褒賞に関し、必要な事項を定めるものとする。

(褒賞の対象)

第2条 規程第1条「みよし市教育関係の個人及び団体」とは、みよし市立小中学校の児童、生徒及び学校職員並びにみよし市内に存する団体をいう。

(運用の基準)

第3条 運用の基準は、次のとおりとする。

(1) 規程第3条「記念品」の金額は次のとおりとし、賞状には額をつけて授与する。

褒賞の種類

対象者

記念品

(1) 感謝状

① 定年:校長・教頭・総括事務長

① 10,000円程度

② その他退職者

② 5,000円程度

(2) 皆勤賞

① 小学生

① 2,000円程度

② 中学生

② 3,000円程度

(3) 賞状

① 文部科学大臣優秀教員表彰を受けた教諭

① 5,000円程度

② それ以外

② なし(賞状・額のみ)

(2) 規程第3条第1号「功労の著しいもの」の対象は、次のとおりとする。

 校長、教頭、事務長、主任養護教諭での定年退職者で、勤務成績が良好であるもの

 教職員経験30年以上であり、かつ、本市在職期間が10年以上での退職者で、勤務成績が良好であるもの

 その他教育委員会が認めるもの

 教職経験年数には、常勤講師の期間及び産休・育休の期間を含める。

(3) 規程第3条第2号「皆勤した児童生徒」の対象は、次のとおりとする。

 小学校6年間、中学校9年間皆勤であったもの。

 皆勤の対象日には、忌引きとなる日は除く。なお、忌引きには、曾祖父母の葬儀に出席するための1日以内の欠席を含む。また、葬儀のために遠隔地に旅行する必要がある場合は、往復に要する日数を加算することができる。

 皆勤の対象日には、インフルエンザ等による臨時休業日(学級閉鎖、学年閉鎖及び休校の日をいう。)を除く。

 遅刻・早退のあるものは、皆勤の対象としない。

 学校保健安全法第19条(出席停止)の適用を受けたものは、皆勤の対象としない。

(4) 規程第3条第3号「最高賞を受けたもの及びこれに相当する功績の著しいもの」の対象は、以下のとおりとする。

 公的機関が実施する大会等において、県規模では優勝、東海規模では上位から3位まで、全国規模では入賞、国際規模では出場したものを基本とする。

 スポーツの団体競技においては、表彰状にチーム名を入れ代表者に授与する。

 参加者又は参加団体数が10未満の場合は選考委員会で協議のうえ、褒賞の授与を決定する。

附 則

この要綱は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成18年2月1日)

この要綱は、平成18年2月1日から施行する。

附 則(平成18年4月1日)

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成22年1月4日)

この要綱は、平成22年1月4日から施行する。

附 則(平成25年1月4日)

この要綱は、平成25年1月4日から施行する。

附 則(平成28年4月1日)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

みよし市教育委員会褒賞に関する取扱要綱

平成4年4月1日 種別なし

(平成28年4月1日施行)

体系情報
要綱集/ 教育委員会/ 教育部/ 教育行政課
沿革情報
平成4年4月1日 種別なし
平成18年2月1日 種別なし
平成18年4月1日 種別なし
平成22年1月4日 種別なし
平成25年1月4日 種別なし
平成28年4月1日 種別なし