○みよし市がんばる地域応援補助金交付要綱

平成28年1月25日

(趣旨)

第1条 この要綱は、みよし市補助金等交付規則(平成13年三好町規則第2号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、行政区等及び市民活動団体が取り組む事業に対する補助金の交付に関し、必要な事項を定めるものとする。

(補助金の目的)

第2条 この補助金は、地域課題を解決するため行政区等、市民活動団体及びみよし市が連携及び協力し、行政区等及び市民活動団体の主体的及び自発的なまちづくりに取り組む公益活動を支援することを目的とする。

(定義)

第3条 この要綱において、次に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 行政区等 行政区及び地区コミュニティ推進協議会をいう。

(2) 市民活動団体 市内で公益活動を非営利で行い、3人以上で構成された団体(規約その他これに類するものを持つ団体に限る。)で行政区等から事業実施について同意を得ている団体をいう。

(3) 公益活動 不特定かつ多数のものの利益に寄与することを目的とする活動

(補助事業者)

第4条 補助金の交付対象者(以下「補助事業者」という。)は、次のとおりとする。

(1) 行政区

(2) 地区コミュニティ推進協議会

(3) 市民活動団体

(補助事業)

第5条 補助金の対象となる事業(以下「補助事業」という。)は、補助事業者が行う地域課題の解決に向けた公益活動とする。

2 次のいずれかに該当するものは、補助事業としない。

(1) 補助事業者が、従来から実施している事業の財源の組み換えを主とするもの

(2) 補助事業者が、従来から実施している事業で参加者負担等の軽減を主とするもの

(3) 単なる資金供与だけのもの

(4) 他の補助事業等の対象となるもの

(5) 政治、宗教又は営利を目的とするもの

(6) その他市の交付事業としてふさわしくないと市長が認めるもの

(補助対象経費)

第6条 補助金の対象となる経費(以下「補助対象経費」という。)は、補助事業に要する経費のうち、次の表のとおりとする。ただし、交付対象者の運営に関する経常的な経費は、補助対象経費としない。

費目

内容

報償費

講師料、特定の役割を担うものへの謝礼

旅費

交通費、宿泊費等

需用費

消耗品費、燃料費、印刷製本費、賄材料費、食糧費(会議及び準備作業のお茶代に限る。)

役務費

郵便料、送料、電話料、手数料、保険料等

委託費

専門的な技術等を要する業務を外部に委託する場合

使用料

会場、駐車場等の使用料、通行料等

賃借料

車両及び機械器具の借上料等。ただし、事務所等の借上料については、事務所などが対象事業の直接サービスの提供場所となる場合に限る。

原材料費

工事材料費

備品購入費

購入価格が3万円を超えるもので、対象事業に必要不可欠なものに限る。

(補助金額等)

第7条 補助金の額は、交付対象経費の額とし、その額に1,000円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てるものとする。

2 前項の規定にかかわらず、補助金の額は、1事業につき年間50万円を限度とする。

3 同一の事業を複数年継続して行う場合は、3回を限度として交付することができる。

(事業採択の申込み)

第8条 補助金の交付を受けようとするものは、市長が定める期間内にみよし市がんばる地域応援補助金提案事業採択申込書(様式第1号。以下「申込書」という。)に次に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) 交付年度の事業計画書(様式第2号)

(2) 交付年度の補助事業に係る収支予算書(様式第3号)

(3) 市民活動団体においては、規約その他これに類するもの及び構成員の名簿

(4) その他市長が必要と認める書類

(審査等)

第9条 市長は、前条の申込書を受理したときは、みよし市がんばる地域応援補助金事業審査会(以下「審査会」という。)に意見を聴くものとする。

2 市長は、前項の意見に基づき提案事業の適否及び交付予定額を決定し、その結果をみよし市がんばる地域応援補助金提案事業採択(不採択)通知書(様式第4号。以下「採択通知書」という。)により申込みをしたものに通知する。

(交付申請の期日)

第10条 規則第3条の市長が別に定める期日は、補助事業を開始する前日までとする。

(補助金の申請の添付書類)

第11条 規則第3条の規定による申請書に添付する事業計画書は様式第5号とし、収支予算書は様式第6号とする。

2 補助金の交付の申請をしようとするものは、規則第3条の書類のほかに次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 市民活動団体においては、規約その他これに類するもの及び構成員の名簿

(2) 採択通知書の写し

(3) その他市長が必要と認める書類

3 同一事業の2回目以降の申請については、補助事業の内容に変更がなければ、前項各号の書類の添付を省略することができる。

(実績報告の期日)

第12条 規則第11条の市長が別に定める期日は、補助事業の完了の日から30日以内又は交付年度の末日のいずれか早い日までとする。

(実績報告書)

第13条 規則第11条の実績報告は、みよし市がんばる地域応援補助金実績報告書(様式第7号)に次に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) 交付年度の交付対象事業に係る収支決算書(様式第8号)

(2) 領収書の写し

(3) 事業の実施の状況が分かる写真

(4) その他市長が必要と認める書類

(交付の方法)

第14条 補助金は、前金払いにより、市長が定める割合及び時期により2回に分けて交付する。

(情報の開示)

第15条 市長は、この要綱の規定に基づき補助金を交付したものの名称、対象事業の内容、補助金の額等を公表するものとする。

(補則)

第16条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。ただし、第10条から第14条までの規定は、平成29年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像画像

画像

みよし市がんばる地域応援補助金交付要綱

平成28年1月25日 種別なし

(平成29年4月1日施行)