○みよし市小規模開発事業に伴う埋蔵文化財の緊急発掘調査の市負担基準

平成18年6月1日

(目的)

第1条 この基準は、個人等が行う開発事業の区域内に埋蔵文化財が所在する場合において、その記録保存のために実施する緊急発掘調査の取扱いに関して、必要な事項を定める。

(開発事業の範囲)

第2条 個人等が行う開発事業は、次のものとする。

(1) 個人が専用住宅を建設するために行う開発事業

(2) 個人が行う農地造成

(3) 個人が行う本発掘調査を必要とする面積が500m2以内の開発事業

(4) 中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第5項に規定する小規模企業者が行う本発掘調査を必要とする面積が500m2以内の開発事業

(発掘調査の実施)

第3条 発掘調査は、個人等の協力を得て教育委員会が行う。

(発掘調査に要する費用の負担)

第4条 発掘調査に要する費用については、市負担とする。

(その他)

第5条 この基準に定めないものについては、別に教育長が定めるものとする。

附 則

この基準は、平成18年6月1日から施行する。

附 則(平成28年4月1日)

この基準は、平成28年4月1日から施行する。

みよし市小規模開発事業に伴う埋蔵文化財の緊急発掘調査の市負担基準

平成18年6月1日 種別なし

(平成28年4月1日施行)

体系情報
要綱集/ 教育委員会/ 教育部/ 教育行政課
沿革情報
平成18年6月1日 種別なし
平成28年4月1日 種別なし