○みよし市公金管理検討会設置要綱

平成28年9月28日

(設置)

第1条 みよし市が保有する公金を適正に管理・運用するに当たり必要な事項を検討するため、みよし市公金管理検討会(以下「検討会」という。)を置く。

(組織)

第2条 検討会に会長及び委員を置く。

2 会長は、会計管理者をもって充てる。

3 委員は、次の職にある者をもって充てる。

(1) 政策推進部長

(2) 市民病院事務局長

(3) 財政課長

(4) 市民病院管理課長

(5) 会計課長

(会長の職務)

第3条 会長は、会議を招集し、会議の議長となる。

2 会長に事故があるとき又は会長が欠けたときは、あらかじめ会長が指名した者がその職務を代理する。

(所掌事項)

第4条 検討会は、次の場合にその対応を協議する。

(1) 金融機関の経営状況が、みよし市資金管理・運用基準(平成28年9月29日)第5条に定める基準を満たさなくなったとき又は満たさなくなるおそれがあると認められるとき。

(2) 10年を超える期間の債券運用を行おうとするとき。

(3) 新たな方法による運用を行おうとするとき。

(4) その他会長が、検討会に諮ることが必要と認めたとき。

(意見の聴取等)

第5条 会長は、必要があると認めるときは、検討会に関係者及び関係職員の出席を求めることができる。

(庶務)

第6条 検討会の庶務は、会計課が処理する。

(委任)

第7条 この要綱に定めるもののほか、検討会の運営に関し必要な事項は、会長が定める。

附 則

この要綱は、平成28年10月1日から施行する。

みよし市公金管理検討会設置要綱

平成28年9月28日 種別なし

(平成28年10月1日施行)

体系情報
要綱集/ 会計管理者/ 会計課
沿革情報
平成28年9月28日 種別なし