○みよし市心の電話相談員設置要綱

平成28年4月1日

(設置)

第1条 思春期における多感な青少年の相談相手となり傾聴を行い、青少年の抱える問題を共に考え、彼らが自らの問題解決の糸口を見出せるよう手助けをすることで「心のよりどころ」となり、青少年の健全育成を図るため、心の電話相談員(以下「電話相談員」という。)を置く。

(職務)

第2条 電話相談員は、教育委員会の命を受けて青少年及びその保護者の電話相談を定期的に行い、問題解決の手助けを行うものとする。

(委嘱)

第3条 電話相談員は、前条に規定する職務を行うために必要な熱意と能力を有する者のうちから、教育委員会が委嘱する。

(任期)

第4条 電話相談員の任期は2年とし、再任は妨げない。ただし、電話相談員が欠けた場合における後任の電話相談員の任期は、前任者の残任期間とする。

(服務)

第5条 電話相談員は、職務の遂行に当たっては全力を挙げて、これに専念しなければならない。

2 電話相談員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職務を退いた後もまた同様とする。

(解嘱)

第6条 教育委員会は、電話相談員が次のいずれかに該当するときは、第3条の規定による委嘱を解くことができる。

(1) 心身の故障のため、職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えないとき。

(2) 電話相談員たるにふさわしくない非行があったとき。

(報酬及び費用弁償)

第7条 電話相談員の報酬及び費用弁償の額は、みよし市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償支給に関する条例(昭和31年三好村条例第11号)に定めるところによる。

(補則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

みよし市心の電話相談員設置要綱

平成28年4月1日 種別なし

(平成28年4月1日施行)

体系情報
要綱集/ 教育委員会/ 教育部/ 教育行政課
沿革情報
平成28年4月1日 種別なし