○みよし市ファミリー・サポート・センター事業利用助成金交付要綱

平成29年2月6日

(趣旨)

第1条 この要綱は、みよし市補助金等交付規則(平成13年三好町規則第2号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、みよし市ファミリー・サポート・センター事業利用助成金の交付に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 依頼会員 みよし市ファミリー・サポート・センター事業実施要綱(平成22年9月1日。以下「要綱」という。)に基づき、育児の援助を受けるためみよし市ファミリー・サポート・センター(以下「センター」という。)に入会した者

(2) 援助会員 要綱に基づき、育児の援助を行うためセンターに入会した者

(3) 病児・病後児預かり活動 みよし市ファミリー・サポート・センター病児・病後児預かり活動実施要領(平成28年3月7日。以下「要領」という。)に基づき、依頼会員が養育する病気の回復期にある児童を、みよし市病児病後児預かりスタッフ養成講座の修了証を有する援助会員が預かる活動

(目的)

第3条 この助成金は、要領に基づいて実施する預かり活動の謝礼の一部を助成することにより、依頼会員の負担を軽減することを目的とする。

(対象者)

第4条 助成の対象者は、病児・病後児預かり活動による援助(以下「援助活動」という。)を受けた依頼会員であって、同一世帯に市税の未納者がない者とする。

(助成金の額)

第5条 助成金の額は、援助活動を受けた時間1時間につき500円とする。ただし、援助活動を受けた時間が1時間を超える場合は、30分ごとに250円を加算する。

(交付申請)

第6条 助成金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、援助活動を受けた月の翌月15日までに、みよし市ファミリー・サポート・センター事業利用助成金交付申請書(様式第1号)を、市長に提出するものとする。

(決定の通知)

第7条 規則第5条の決定の通知は、みよし市ファミリー・サポート・センター事業利用助成金交付決定通知書(様式第2号)により通知するものとする。

(助成金の交付)

第8条 前条の交付決定を受けた申請者は、みよし市ファミリー・サポート・センター事業利用助成金請求書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(助成金の返還)

第9条 市長は、助成を受けることができる者等の虚偽の記載その他不正行為により助成金の交付を受けた者があるときは、その者から交付した助成金の全部又は一部を返還させることができる。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

1 この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

2 この要綱は、平成31年3月31日限り、その効力を失う。

画像

画像

画像

みよし市ファミリー・サポート・センター事業利用助成金交付要綱

平成29年2月6日 種別なし

(平成29年4月1日施行)