○みよし市産前・産後サポート事業実施要綱

平成29年4月3日

(趣旨)

第1条 この要綱は、市が実施する産前・産後サポート事業(以下「事業」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(事業の目的)

第2条 事業は、妊産婦が抱える妊娠、出産又は子育てに関する悩みについて、助産師、保健師又は看護師(以下「助産師等」という。)の専門職が、家庭訪問等により必要な相談支援を実施することにより、妊産婦の悩み、不安又は家庭若しくは地域での孤立感の解消を図ること目的とする。

(事業の種類及び実施方法)

第3条 事業の種類及び実施方法は、次に掲げる事業の種類の区分に応じ、当該各号に定める実施方法とする。

(1) アウトリーチ(パートナー)型 助産師等が利用者の自宅に赴く方法により、個別の相談に対応する。

(2) デイサービス(参加)型 公共施設等において、集団形式により、同じ悩み等を有する利用者からの相談に対応する。

(利用者)

第4条 事業の利用者は、市内に居住し、かつ妊娠中から継続した支援が必要とされる妊婦又はこんにちは赤ちゃん訪問事業による支援のみでは問題が解決されない産婦とする。

(事業の内容)

第5条 事業の内容は、次に掲げるとおりとする。

(1) 出産若しくは子育てに関する悩み又は産前産後の心身の不調に関する相談支援

(2) パパママ教室及び多胎交流支援事業さくらんぼその他これらに類する教室における必要な支援

(3) 通訳及び翻訳による外国人の妊産婦への支援

(4) 母子保健関係機関及び関係事業との連絡調整

(5) その他事業の目的を達成するために必要な業務

(実施期間)

第6条 事業の実施期間は、妊娠期から産後4月までとする。

(職員の配置)

第7条 母子保健に関する専門知識を有する助産師等を配置するものとする。

(補則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成29年4月3日から施行する。

みよし市産前・産後サポート事業実施要綱

平成29年4月3日 種別なし

(平成29年4月3日施行)

体系情報
要綱集/ 子育て健康部/ 健康推進課
沿革情報
平成29年4月3日 種別なし