○みよし市環境管理取組状況内部監査実施要領

平成29年3月31日

内部監査実施要領(平成17年4月1日)の全部を次のように改正する。

(趣旨)

第1条 みよし市環境管理要綱(平成17年4月1日。以下「管理要綱」という。)第10条の規定に基づく、内部監査員による取組状況の監視及び監査(以下「内部監査」という。)の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(内部監査の目的)

第2条 内部監査は、管理要綱において設定又は計画された取り決めに適合していること、及び適切に実施され維持されていることについて確認するとともに、本市の事務・事業に伴う環境への負荷の低減を図ることを目的として行う。

(監査の体制)

第3条 内部監査員は、管理要綱に掲げる内容を熟知し、内部監査員登録簿(様式第1号)に登録された職員から環境管理責任者が指名する。

2 前項の規定により、環境管理責任者が指名したときは、内部監査員指名記録簿(様式第2号)に指名、所属その他必要な事項を記載する。

3 内部監査員に、内部代表監査員を置き、内部監査員の互選によりこれを定める。

4 内部監査員の任期は、1年とし、再任を妨げない。

5 内部監査員は、監査の独自性を保つため、自らが所属する部局の監査はしない。

(内部監査の実施)

第4条 内部監査は、環境管理責任者からの説明により文書監査を行う。

2 文書監査は、次に掲げる事項について監査する。

(1) 管理要綱、関連する要領等の内容に適合し、維持及び遵守されているかどうかを確認する。

(2) 環境目的及び目標の達成が計画どおりに進捗しているかどうか確認する。

(内部監査結果の報告)

第5条 内部代表監査員は、内部監査が終了したときは内部監査結果報告書(様式第3号)を作成し、環境管理責任者に提出する。

2 環境管理責任者は、前項の規定に基づきから提出のあった書類を整理し、被監査部局の長に内部監査結果通知書(様式第4号)により通知する。

3 被環境監査部局の長は、指摘事項があった場合には、観察事項是正処置報告書(様式第5号)を作成し、環境管理責任者に提出する。

4 環境管理責任者は、指摘事項に係る是正処置報告書の内容について再度内部監査の必要があると判断した場合は、再度内部監査を行い、適切と判断した場合はこれを承認し環境監査を終了する。

5 環境管理責任者は、内部監査が全て終了したときは、必要に応じて内部監査結果報告書(様式第6号)を作成し、市長に報告する。

(文書の保存期間)

第6条 文書の保存期間は、当該記録が完結した日の属する年度の翌年から起算して、5年とする。

附 則

この要領は、平成29年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

みよし市環境管理取組状況内部監査実施要領

平成29年3月31日 種別なし

(平成29年4月1日施行)