○みよし市職員の時差出勤勤務に関する実施要領

平成29年6月30日

(趣旨)

第1条 この要領は、みよし市職員服務規程(平成17年三好町規程第3号)第9条第2項の規定に基づく時差出勤勤務に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要領において「時差出勤勤務」とは、みよし市職員服務規程第9条第1項に規定する勤務時間(以下「通常の勤務時間」という。)に勤務する職員が会議、審査会、説明会、講座、催事、徴収、延長窓口その他の業務(以下「会議等」という。)のために、通常の勤務時間を変更して勤務することをいう。

(時差出勤勤務の命令)

第3条 所属長は、会議等であらかじめ通常の勤務時間以外の時間に実施することが決定している業務に従事する所属職員に対し、必要と認めるときは、別表に定める勤務の区分による時差出勤勤務を命ずることができる。

(所属職員への通知)

第4条 所属長は、所属職員の時差出勤勤務に係る勤務時間を各所属職員に周知し、所属職員が相互に当該勤務時間を把握することができるようにしておかなければならない。

附 則

この要領は、平成29年7月1日から施行する。

別表(第3条関係)

区分

勤務時間

休憩時間

1

午前7時30分から午後4時15分まで

正午から午後1時まで

2

午前10時30分から午後7時15分まで

3

午前11時30分から午後8時15分まで

午後5時15分から午後6時15分まで

4

午後0時30分から午後9時15分まで

みよし市職員の時差出勤勤務に関する実施要領

平成29年6月30日 種別なし

(平成29年7月1日施行)

体系情報
要綱集/ 総務部/ 人事課
沿革情報
平成29年6月30日 種別なし