○みよし市市有施設の行政財産目的外使用許可による太陽光発電事業者選定委員会設置要綱

平成30年7月24日

(設置)

第1条 市有施設の行政財産目的外使用許可による太陽光発電事業を実施する事業者を選定するプロポーザル審査を行うに当たり、適正に事業を実施することができる事業者を選定するため、みよし市市有施設の行政財産目的外使用許可による太陽光発電事業者選定委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 委員会は、次に掲げる事務を処理する。

(1) プロポーザル実施要領及び選定基準の確認に関すること。

(2) 市有施設の行政財産目的外使用許可による太陽光発電事業に係る企画を提案する事業者の公募に関すること。

(3) 前号の公募に参加した事業者の中から最優秀提案者及び優秀提案者を選定すること。

(4) 前号で選定した事業者の事業実施における監督に関すること。

(組織)

第3条 委員会は、次の者をもって構成する。

(1) 環境経済部長

(2) 環境経済部次長

(3) 政策推進部財政課長

(4) 子育て健康部子育て支援課長

(5) 環境経済部環境課長

(6) 都市建設部都市計画課主幹

(7) 都市建設部下水道課長

(8) 教育部教育行政課長

(9) 教育部スポーツ課長

2 委員長は環境経済部長とし、会務を総理する。

3 副委員長は、委員長が指名する者とし、委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第4条 委員会の会議は、委員長が必要に応じて招集し、委員長が会議の議長となる。

2 議長は、必要があると認めるときは、委員以外の者を委員会の会議に出席させることができる。

(庶務)

第5条 委員会の庶務は、環境経済部環境課で処理する。

(雑則)

第6条 この要綱に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成30年7月24日から施行する。

みよし市市有施設の行政財産目的外使用許可による太陽光発電事業者選定委員会設置要綱

平成30年7月24日 種別なし

(平成30年7月24日施行)

体系情報
要綱集/ 環境経済部/ 環境課
沿革情報
平成30年7月24日 種別なし