○会津美里町表彰条例施行規則

平成17年10月1日

規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、会津美里町表彰条例(平成17年会津美里町条例第5号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(表彰審査委員会)

第2条 条例第3条第2項に基づく表彰審査委員会(以下「委員会」という。)の組織及び運営は、次のとおりとする。

(1) 委員会の委員は、町議会議長、総務文教常任委員会委員長及び産業建設常任委員会委員長並びに副町長及び教育長をもって組織する。

(2) 委員会の委員長及び副委員長は、委員の互選とする。

(3) 委員会の会議は、町長が招集し、委員長が議長となる。

(4) 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、その職務を代理する。

(5) 委員会の会議は、委員の過半数の出席をもって成立し、議事は、出席委員の過半数で決する。ただし、委員は、自己及び配偶者並びに2親等以内の親族に係る表彰の審査及び議決に加わることができない。

2 委員が会議に出席したときは、報酬を支給する。

(表彰の方法)

第3条 特別功労者及び功労者については、各行政職種に係る功績が大であっても上位の表彰受彰者として、功績表彰の贈呈はしないものとする。

2 善行表彰者については、金品の寄附、人命救助等の行為の場合又は前回と異なる功績が顕著な場合は、受彰済のいかんにかかわらず、その功績により贈呈する。

3 顕彰表彰については、過去の受彰済のいかんにかかわらず、その功績の都度贈呈する。

(表彰の内申)

第4条 各課等の長は、条例第5条第1号から第4号までに該当し、表彰することが適当と認める者があるときは、表彰内申書(様式第1号)により町長に内申するものとする。

2 各種団体及び町に所属する機関の長は、条例第5条第5号に該当するものがあると認めるときは、表彰者名簿(様式第2号)により内申するものとする。

(特別功労章等の形状)

第5条 特別功労章及び功労章の形状は、様式第3号のとおりとする。

(表彰状の形式)

第6条 表彰状は、様式第4号のとおりとする。ただし、善行表彰及び顕彰表彰は、その都度定める。

(表彰者名簿の様式)

第7条 表彰者名簿の様式は、様式第2号のとおりとする。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、その都度町長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の会津高田町表彰条例施行規則(平成5年会津高田町規則第27号)又は会津本郷町表彰規則(平成7年会津本郷町規則第1号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年3月15日規則第10号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成26年9月17日規則第24号)

この規則は、平成26年9月17日から施行する。

画像

画像

様式第3号 略

画像

会津美里町表彰条例施行規則

平成17年10月1日 規則第3号

(平成26年9月17日施行)