○会津美里町教育委員会顕彰表彰要綱

平成18年1月20日

教育委員会告示第2号

(趣旨)

第1条 この要綱は、会津美里町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が会津美里町の文化の向上及び教育の振興発展に貢献し、その功績が顕著であった幼児・児童・生徒に対し行う顕彰表彰(以下「表彰」という。)に関して定めるものとする。

(表彰の対象)

第2条 表彰は、町内に住所を有する幼稚園等幼児並びに小・中学校の児童生徒の個人及び団体で、かつ、次の各号のいずれか該当するものに対して行うものとする。

(1) 町のスポーツ及び芸術文化の向上に著しく功績のあったもの

(2) 特に有益な調査研究、発明発見又は工夫の考案をしたもの

(3) 各種県大会、県展又は、これと同等以上の大会等で著しく功績のあったもの

(4) その他、教育委員会が表彰に値すると認める業績や行為のあったもの

2 前項各号に掲げる事項については、別表に定める基準によるものとする。

3 会津美里町表彰条例(平成17年会津美里町条例第5号)で当該年度に表彰された個人又は団体は、表彰の対象としない。

(被表彰者の推薦)

第3条 被表彰者を推薦しようとする者は、顕彰表彰候補者(団体)推薦書(別記様式)により、教育委員会へ推薦するものとする。

2 推薦は、当該年度の2月15日までとする。

(表彰の方法)

第4条 表彰は、推薦があったものについて、教育委員会が審査のうえ表彰する。

2 被表彰者、団体には、表彰状及び記念品を贈呈する。

(表彰の時期)

第5条 表彰は、毎年3月に行う。ただし、該当者がない場合は、この限りでない。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成18年1月20日から施行し、平成17年10月1日から適用する。

(経過措置)

2 この要綱の適用の日までに、合併前の会津高田町教育委員会顕彰表彰要綱(平成6年会津高田町教育委員会告示第2号)会津本郷町教育委員会表彰規則(平成12年会津本郷町教育委員会規則第2号)、又は新鶴村教育委員会表彰規則(平成14年新鶴村教育委員会規則第6号)(以下これらを「合併前の規則等」という。)の規定により表彰されたものは、この要綱の相当規定により表彰を受けたものとみなす。

3 平成17年度に限り、合併前の規則等の規定による被表彰者の推薦は、表彰審査対象者とみなす。

別表(第2条関係)

表彰の基準

区分

全国規模の大会等

東北規模の大会等

全県規模の大会等

スポーツ分野

その大会等の成績で8位以内の入賞者

その大会等の成績で6位以内の入賞者

その大会等の成績で3位以内の入賞者

芸術・文化分野

そのコンクール等で5位以内の入賞者

そのコンクール等で3位以内の入賞者

そのコンクール等で最上位の入賞者

※上記以外の区分により難い事項については、別に教育委員会で協議する。

画像

会津美里町教育委員会顕彰表彰要綱

平成18年1月20日 教育委員会告示第2号

(平成18年1月20日施行)

体系情報
第8編 育/第1章 教育委員会/第2節 組織・処務
沿革情報
平成18年1月20日 教育委員会告示第2号