○会津美里町地域福祉計画策定委員会設置要綱

平成18年10月31日

告示第47号

(設置)

第1条 住み慣れた地域の中で、いつまでも安心して生活できるまちづくりの実現のために、地域住民が地域福祉の推進に関心を持ち、積極的に参加していくことを目標としながら、地域の生活課題やそれを解決するために必要なサービスの内容及び具体的な方法等を明らかにする会津美里町地域福祉計画(以下「地域福祉計画」という。)を策定するため、会津美里町地域福祉計画策定委員会(以下「委員会」という)を設置する。

(所掌事務)

第2条 委員会は、地域福祉計画の策定に向け、次の各号に掲げる事項を所掌するものとする。

(1) 地域福祉計画の素案作成に関すること。

(2) 地域における福祉サービスの適切な利用の促進に関すること。

(3) 地域における社会福祉を目的とする事業の健全な発達に関すること。

(4) 地域福祉に関する活動への住民参加促進に関すること。

(5) その他地域福祉計画策定のために必要なこと。

(構成)

第3条 委員会の委員は、次の各号に掲げる者で20名以内をもって構成する。

(1) 地域の代表

(2) 各種団体の代表

(3) 福祉施設関係者

(4) 地域住民から公募した者

(5) その他町長が必要と認める者

(委員の任期)

第4条 委員の任期は、町長が委嘱した日から地域福祉計画の策定が完了した日とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 委員は、前項の規定にかかわらず、第2条に規定する当該所掌事務に関する調査、検討が終了したときは解任されるものとする。

(委員長及び副委員長)

第5条 委員会に委員長及び副委員長を置き、委員の互選によりこれを定める。

2 委員長は、会務を総理し、委員会を代表する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるとき又は委員長が欠けたときは、委員長の職務を代理する。

(会議)

第6条 委員会は、委員長が招集し、委員長が議長となる。

2 委員会は、委員の半数以上の出席がなければ、会議を開くことができない。

3 委員会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

4 委員長は、必要があると認めたときは、関係者の出席を求め、意見を聴取することができる。

(資料等の提出等)

第7条 委員会は、第2条に規定する所掌事務を遂行するために必要があると認めるときは、関係行政機関に対して、資料の提出、説明その他必要な協力を求めることができる。

(庶務)

第8条 委員会の庶務は、福祉課において処理する。

(その他)

第9条 この要綱で定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が委員会に諮って定める。

附 則

この要綱は、平成18年11月1日から施行する。

附 則(平成23年10月1日告示第130号)

この要綱は、平成23年10月1日から施行する。

附 則(平成29年1月30日告示第6号)

この要綱は、平成29年2月1日から施行する。

附 則(平成29年8月24日告示第123号)

この要綱は、平成29年9月1日から施行する。

会津美里町地域福祉計画策定委員会設置要綱

平成18年10月31日 告示第47号

(平成29年9月1日施行)

体系情報
第9編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成18年10月31日 告示第47号
平成23年10月1日 告示第130号
平成29年1月30日 告示第6号
平成29年8月24日 告示第123号