○会津美里町農村公園条例施行規則

平成17年10月1日

規則第92号

(趣旨)

第1条 この規則は、会津美里町農村公園条例(平成17年会津美里町条例第136号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用者の制限)

第2条 利用者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 会津美里町農村公園(以下「公園」という。)内に車両(自転車を除く。)等を乗り入れ、又は危険な行為をしないこと。

(2) 許可を受けずに公園内において物品の販売その他の商行為を行わないこと。

(3) 公園内において他の利用者に支障がある行為をしないこと。

(4) 公園の目的以外に使用しないこと。

(5) 公園の秩序を乱し、又は善良の風俗を害しないこと。

(6) 公園の施設及びその附属設備(以下「施設等」という。)の安全及び清潔を保持すること。

(7) 施設等を損傷し、又はその形態を変更しないこと。

(8) その他町長が施設等の管理上支障があると認める行為を行わないこと。

2 町長は、前項各号に掲げる行為をする者があるときは、公園内からの退去を命ずることができる。

3 町長は、施設等に危険な箇所が発見された場合には、その安全が回復されるまでの間、施設等の利用を禁止することができる。

(損壊の届出等)

第3条 施設等を損壊し、又は滅失した者は、速やかに町長に届け出て、その指示に従わなければならない。

(管理上の立入り)

第4条 町長は、施設等の管理上必要があると認めるときは、施設等の維持のため利用されている施設に関係職員を立ち入らせることができる。

(原状回復の点検)

第5条 利用者は、条例第9条の規定により原状に回復したときは、係員の点検を受けなければならない。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、公園の管理運営に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の会津高田町農村公園管理規則(平成3年会津高田町規則第16号)又は本郷町農村公園管理運営規則(昭和55年本郷町規則第8号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

会津美里町農村公園条例施行規則

平成17年10月1日 規則第92号

(平成17年10月1日施行)