○会津美里町温泉施設等条例施行規則

平成17年12月27日

規則第135号

会津美里町温泉施設等条例施行規則(平成17年会津美里町規則第107号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、会津美里町温泉施設等条例(平成17年会津美里町条例第199号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(協定)

第2条 条例第14条第1項第1号に定める協定書に基づく利用は、指定管理者が町長の承認を得て、他の市町村及び法人その他の団体(以下「市町村等」という。)との間で、次の事項を定め締結した協定書に基づく利用とする。

(1) 協定の目的

(2) 利用券の使用

(3) 利用料金の減免

(4) 負担金の請求

(5) 負担金の支払

(減免)

第3条 指定管理者は、町長の承認を得て、前条の協定書を締結した市町村等が発行する利用券を持参した当該市町村の住民若しくは法人その他の団体が指定する者(以下「協定利用者」という。)に対し、利用料金を減額し、又は免除するものとする。

(負担金)

第4条 指定管理者は、前条の規定に基づき行った協定利用者に対する利用料金の減免の額について、当該協定利用者の属する市町村等に対し、1箇月を単位とした期間における減免の額の合計額を負担金として請求するものとする。

(利用者の遵守事項)

第5条 利用者は、条例に定めるもののほか、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 温泉施設内においては、秩序を乱すような行為をしないこと。

(2) 所定の場所以外において飲食、喫煙又は火気を使用しないこと。

(3) 入浴時の注意事項に従うこと。

(4) 他人に危害を与えたり、迷惑となったりするおそれのある物品類を携帯しないこと。

(5) 動物類の持込みをしないこと。

(6) 使用する設備及び物品は、丁寧に取り扱うこと。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

会津美里町温泉施設等条例施行規則

平成17年12月27日 規則第135号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第10編 業/第4章
沿革情報
平成17年12月27日 規則第135号