○会津美里町インフォメーションセンター条例

平成17年10月1日

条例第151号

(設置)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条第1項の規定に基づき、町の観光産業及び地場産業の振興による地域経済の活性化を図るほか、地域社会の文化の向上及び町民の福祉の増進を図るため、会津美里町インフォメーションセンター(以下「センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

本郷インフォメーションセンター

会津美里町字瀬戸町甲3161番地1

高田インフォメーションセンター

会津美里町字高田甲2819番地2

(事業)

第3条 センターは、第1条の設置の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1) 観光案内その他観光サービスに関すること。

(2) 歴史資料及びその他展示に供する物品等(以下「展示資料等」という。)の展示に関すること。

(3) センターの施設の利用に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、センターの設置目的を達成するために必要な事業

(施設及びその利用)

第4条 センターに次に掲げる施設を置く。

(1) センター本館

 展示室

 休憩スペース

 情報検索コーナー

(2) 貸店舗

(3) 屋外施設

2 休憩スペース及び屋外施設は、前条の事業に支障のない範囲において、イベント、集会その他これらに類する催し等のためにその一部又は全部を独占して利用に供することができる。

(指定管理者による管理)

第5条 センターの管理は、法第244条の2第3項の規定により、その施設の設置の目的を効果的に達成するため、法人その他の団体であって、町長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

(指定管理者の指定の手続等)

第6条 前条の指定管理者を指定する手続等については、会津美里町公の施設の指定管理者の指定手続等に関する条例(平成17年会津美里町条例第189号)の規定による。

(指定管理者が行う業務)

第7条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 第3条各号に掲げる業務

(2) 第4条第1項第2号に規定する貸店舗(以下「貸店舗」という。)を除くセンター利用の許可に関する業務

(3) センターの施設及び附属設備(以下「施設等」という。)並びに展示資料等の維持管理に関する業務

(4) 前3号に掲げるもののほか、センターの運営に関する事務のうち、町長の権限に属する事務を除く業務

(指定管理者の管理の期間)

第8条 指定管理者がセンターの管理を行う期間は、指定を受けた日の属する年度の翌年度の4月1日(当該指定を受けた日が4月1日である場合は、当該日)から起算して5年間とする。ただし、再指定を妨げない。

(開館時間)

第9条 センターの開館時間は、午前9時から午後6時までとする。

2 指定管理者は、必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず、町長の承認を得てこれを変更することができる。

(休館日)

第10条 センターの休館日は、次の各号に定める日とする。

(1) 本郷インフォメーションセンター 毎週火曜日(ただし、その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)に当たるときは、当該休日以後の直近の休日でない日とする。)及び12月31日から翌年1月2日まで

(2) 高田インフォメーションセンター 毎週木曜日(ただし、その日が休日に当たるときは、当該休日以後の直近の休日でない日とする。)及び12月31日から翌年1月2日まで

2 指定管理者は、センターの運営に支障があると認めるときは、前項の規定に関わらず町長の承認を得て、臨時に開館又は休館することができる。

(行為の禁止)

第11条 センターにおいては、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 施設等又は展示資料等を損傷し、又は汚損すること。

(2) 指定の場所以外での飲食又は火気を使用すること。

(3) 風紀を乱す行為又は他人に迷惑をかける行為をすること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、センターの管理上支障があると認める行為をすること。

(利用の許可)

第12条 貸店舗及び第4条第2項の規定による利用をしようとする者は、次の各号に定める許可を受けなければならない。この場合において、管理上必要な条件を付すことができる。許可を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

(1) 第4条第2項の規定による利用をする者(以下「施設利用者」という。)においては、町長又は指定管理者(以下「町長等」という。)

(2) 貸店舗を利用する者(以下「貸店舗利用者」という。)においては、町長

2 町長等は、前項の許可に係る利用が次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、その利用を許可しない。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 施設等又は展示資料等を損傷するおそれがあると認められるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、センターの管理上支障があると認められるとき。

(許可の取消し等)

第13条 町長等は、前条第1項第1号又は第2号の許可を受けた者(以下「各利用者」という。)又はセンターを利用する者(以下「入館者」という。)次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、その利用の許可を取り消し、又はその利用を制限し、若しくは停止することができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 偽りその他不正な行為により、利用の許可を受けたとき。

(3) 利用料金を3箇月以上滞納したとき。

(4) 天災地変その他避けることができない理由により必要があると認められるとき。

(5) 公益上必要があると認められるとき。

2 前項の規定によりその利用を取り消し、又はその利用を制限し、若しくは停止を命じた場合において入館者又は各利用者(以下「各利用者等」という。)に損害が生じても、町長等はその賠償の責めを負わないものとする。

(貸店舗の使用期間等)

第14条 貸店舗の使用期間は、契約日より当該契約日の属する年度の3月31日までとする。ただし、これを更新することができる。

2 貸店舗の営業時間は、午前9時から午後7時までとする。ただし、貸店舗利用者は、必要があると認めるときは、町長の承認を得てこれを変更することができる。

3 貸店舗利用者は、店舗の休業日等を定め、町長の承認を得るものとする。

(特別の設備の制限)

第15条 各利用者は、特別の設備をし、又は備付けの物品以外の物品を利用する場合は、あらかじめ町長の承認を得なければならない。

(原状回復)

第16条 利用者等は、その利用が終わったとき、又は第13条第1項の規定により利用の許可を取り消されたときは、その利用した施設等を速やかに原状に回復、貸店舗にあっては返還しなければならない。ただし、原状に回復するにあたって町長等の承認を得たときは、この限りでない。

(利用料金)

第17条 各利用者は、別表に定める額の利用料金を町長等に納付しなければならない。

2 利用料金は、施設等の利用の許可を受けたときに納付する。ただし、貸店舗の利用料金については、毎月末までにその月分を納付しなければならない。

3 指定管理者は、必要があると認めるときは、貸店舗を除く利用料金の額は、別表に定める金額の範囲内において、あらかじめ町長の承認を得て、これを変更することができるものとする。

4 町長等は、特に必要があると認めるときは、利用料金を減額し、又は免除することができる。

5 指定管理者を定めているときの利用料金は、法第244条の2第8項の規定により指定管理者の収入とする。

(保証金)

第18条 町は、必要と認めたときは、貸店舗利用者から規則で定める額の保証金を徴収する。

2 保証金は、利子を付さない。

3 保証金は、貸店舗利用者が町長の承認を得て使用しなくなった日又は使用期限の満了の日から10日以内において町長の検査を受けた日から起算して60日以内に返還する。ただし、使用期間が更新されるときはこの限りでない。

(損害賠償義務)

第19条 利用者等は、故意又は過失により施設等又は展示資料等を損壊し、又は滅失したときは、それによって生じた損害を町に賠償しなければならない。ただし、町長が特別の事情があると認めるときは、この限りでない。

(委任)

第20条 この条例に定めるもののほか、センターの管理その他この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)の前日までに、合併前の会津本郷町インフォメーションセンターの設置及び管理に関する条例(平成16年会津本郷町条例第1号。以下「合併前の条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

3 施行日の前日までに利用の許可を受けた施設等に係る利用料金については、なお合併前の条例の例による。

附 則(平成17年12月27日条例第202号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行日の前日までに、改正前の会津美里町インフォメーションセンター条例(平成17年会津美里町条例第151号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年9月27日条例第16号)

この条例は、平成19年10月1日から施行する。

附 則(平成21年12月16日条例第38号)

(施行期日)

1 この条例は、平成22年4月1日から施行する。

(準備行為)

2 改正後の会津美里町インフォメーションセンター条例(以下「新条例」という。)第2条に規定する本郷インフォメーションセンターの指定管理者の指定に関する手続及び指定管理者が管理を行うための準備行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

3 新条例第4条第1項第2号に規定する貸店舗を供用するために必要な準備行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成26年1月17日条例第1号抄)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月20日条例第18号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

別表(第17条関係)

種別

金額

休憩スペース

全スペース1日につき2,050円

屋外施設

全施設1日につき3,080円

貸店舗

1箇月につき16,450円

会津美里町インフォメーションセンター条例

平成17年10月1日 条例第151号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第10編 業/第4章
沿革情報
平成17年10月1日 条例第151号
平成17年12月27日 条例第202号
平成19年9月27日 条例第16号
平成21年12月16日 条例第38号
平成26年1月17日 条例第1号
平成27年3月20日 条例第18号