○会津美里町雀林観光休憩所設置条例

平成28年3月4日

条例第10号

(設置)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法第67号。以下「法」という。)第244条第1項の規定に基づき、会津美里町(以下「町」という。)の観光事業の進展及び町民の福祉の増進に寄与することを目的に、会津美里町雀林観光休憩所(以下「休憩所」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 休憩所の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 会津美里町雀林観光休憩所

位置 福島県大沼郡会津美里町雀林字三番山下3556番地

2 休憩所に観光情報提供室を置く。

(事業)

第3条 休憩所では、次の事業を行う。

(1) 休憩スペースの提供に関する事業

(2) 観光案内その他観光サービスに関する事業

(3) 前各号に掲げるもののほか、休憩所の設置目的を達成するために必要な事業

(利用の許可)

第4条 観光情報提供室を観光案内、イベント又は集会等でその一部又は全部を利用しようとする者は、あらかじめ町長の許可を受けなければならない。

2 町長は、前項の許可をするときは、施設の管理運営に関して必要な条件を付することができる。

(利用の制限)

第5条 町長は、次の各号のいずれかに該当すると認められる場合は、利用を制限し、禁止又は退去を命ずることができる。

(1) 公の秩序又は善良の風俗を害するおそれがあると認められるとき

(2) 建物、付帯設備及びその他器具等を汚損し、又は破損するおそれがあると認められるとき

(3) 公益上必要があると認められるとき

(4) 施設の管理運営上支障があると認められるとき、又は必要な指示に従わないとき

(損害賠償の義務)

第6条 利用者が故意又は過失によって休憩所をき損し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、町長がやむを得ない理由により損害を賠償させることが適切でないと認めたときは、その額を減額し、又は免除することができる。

(指定管理者による管理)

第7条 休憩所の管理は法第244条の2第3項の規定により、その施設の設置目的を効果的に達成するため、法人その他の団体であって、町長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

(指定管理者の指定の手続等)

第8条 前条の指定管理者を指定する手続等については、会津美里町公の施設の指定管理者の指定手続等に関する条例(平成17年会津美里町条例第189号)の規定による。

(指定管理者が行う業務)

第9条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 第3条各号に掲げる業務

(2) 休憩所及び設備の維持管理に関する業務

(3) 前各号に掲げるもののほか、休憩所の運営に関する事務のうち、町長のみの権限に属する事務を除く。

(指定管理者の管理の期間)

第10条 指定管理者が休憩所の管理を行う期間は、指定を受けた日の属する年度の翌年度の4月1日(当該指定を受けた日が4月1日である場合は、当該日)から起算して5年間とする。ただし、再指定を妨げない。

(指定管理者が行う管理の基準)

第11条 指定管理者は、法令又は条例その他町長の定めるところに従い、適正に休憩所の管理を行わなければならない。

(読替)

第12条 第7条の規定により休憩所の管理を指定管理者に行わせる場合においては、第4条の規定中「町長」とあるのは、「指定管理者」と読み替えるものとする。

(委任)

第13条 この条例に定めるもののほか、休憩所の管理運営に関し必要な事項は町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成28年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 この条例の施行日以後の休憩所の利用の許可等に関する事務及び管理運営に関し必要な準備行為は、施行日前においても行うことができる。

会津美里町雀林観光休憩所設置条例

平成28年3月4日 条例第10号

(平成28年4月1日施行)