○赤磐市特殊財産管理及び処分条例

平成17年3月7日

条例第64号

(趣旨)

第1条 この条例は、昭和28年3月1日に赤磐郡西山村、同郡高陽村、同郡高月村及び同郡鳥取村が合併したことに伴い、赤磐郡西山村外9大字が所有の山林の管理、運営及び処分について定めるものとする。

(財産の範囲)

第2条 この条例でいう「公有財産」(以下「財産」という。)は、昭和28年2月28日に赤磐郡西山村、同郡高陽村、同郡高月村及び同郡鳥取村が山林協定書(以下「協定書」という。)を取り交わした土地とする。

(管理)

第3条 財産の管理は、別に市長と所有者との間にとり定めた協定書により地方自治法(昭和22年法律第67号)第238条の6の財産として使用し、その経営管理及び地上の立木、土石その他生産物の採収、収益の処分をするものとする。

2 前項の使用は、無償無期限とする。

(権利及び義務の区分)

第4条 財産の権利及び義務の区分は、協定書のとおりとする。

(処分)

第5条 市が、この財産の処分をしようとするときは、所有権者の住民の同意を得て議会の議決を要するものとする。

(譲渡)

第6条 前条の処分は、使用権者に限り無償で譲渡するものとする。

(財産台帳)

第7条 市長は、この財産の財産台帳を別に調製し、その継承した財産であることを明記しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年3月7日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の山陽町特殊財産管理及び処分条例(昭和37年山陽町条例第25号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

赤磐市特殊財産管理及び処分条例

平成17年3月7日 条例第64号

(平成17年3月7日施行)

体系情報
第6編 務/第5章 産/第1節 財産管理
沿革情報
平成17年3月7日 条例第64号