○阿南市立図書館条例

平成17年12月27日

阿南市条例第39号

阿南市立図書館設置条例(昭和33年阿南市条例第46号)の全部を改正する。

(設置)

第1条 図書、記録その他必要な資料を収集し、整理し、保存して、市民の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーション等に資するため、図書館を設置する。

(名称及び位置)

第2条 図書館の名称及び位置は、別表第1のとおりとする。

(事業)

第3条 図書館は、図書館法(昭和25年法律第118号)第3条に規定する趣旨に基づき、おおむね次に掲げる事業を行う。

(1) 図書、記録、視覚聴覚教育の資料その他必要な資料(以下「図書館資料」という。)を収集し、市民の利用に供すること。

(2) 図書館資料の目録を整備すること。

(3) 図書館資料について、その利用のための相談に応ずること。

(4) 読書会、研修会等を主催し、及びその奨励を行うこと。

(5) 時事等に関する情報及び参考資料を紹介し、及び提供すること。

(6) 学校、公民館等と緊密に連絡し、協力すること。

(7) 前各号に掲げるもののほか、第1条に規定する目的を達成するために必要な事業

(休館日)

第4条 図書館の休館日は、次の各号に掲げる図書館の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める日とする。ただし、教育委員会は、特に必要があると認めるときは、臨時に開館し、又は休館することができる。

(1) 阿南市立阿南図書館及び阿南市立那賀川図書館

 月曜日

 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日。ただし、その日が月曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い休日でない日とする。

 12月29日から翌年の1月3日までの日(及びに掲げる日を除く。)

 毎月末日。ただし、その日がからまでに掲げる日に当たるときは、その日前においてその日に最も近い当該からまでに掲げる日でない日とする。

 毎年17日の期間内において教育委員会が定める日

(2) 阿南市立羽ノ浦図書館

 月曜日

 国民の祝日に関する法律に規定する休日の日後においてその日に最も近い火曜日

 12月29日から翌年の1月3日までの日(及びに掲げる日を除く。)

 毎月末日。ただし、その日がからまでに掲げる日に当たるときは、その日前においてその日に最も近い当該からまでに掲げる日でない日とする。

 毎年17日の期間内において教育委員会が定める日

(開館時間)

第5条 図書館の開館時間は、次の各号に掲げる図書館の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める時間とする。ただし、教育委員会は、特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(1) 阿南市立阿南図書館 次の又はに掲げる曜日の区分に応じ、それぞれ当該又はに定める時間

 火曜日から金曜日まで 午前9時から午後6時まで

 土曜日及び日曜日 午前9時から午後5時まで

(2) 阿南市立那賀川図書館 午前10時から午後6時まで

(3) 阿南市立羽ノ浦図書館 午前10時から午後6時まで

(利用の承認)

第6条 図書館の施設(以下「施設」という。)別表第2第1欄に掲げるものを利用しようとするものは、この条例の定めるところにより、教育委員会の承認を受けなければならない。承認を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

2 施設の利用に係る承認(以下「承認」という。)を受けようとするものは、次に掲げる事項を記載した書面を教育委員会に提出しなければならない。

(1) 氏名又は名称及び住所又は居所並びに法人その他の団体にあっては代表者の氏名

(2) 利用の日時

(3) 利用の目的

(4) 利用予定人員

(5) 前各号に掲げるもののほか、教育委員会が必要とする事項

(承認の基準)

第7条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、承認をしないことができる。

(1) その利用が公の秩序を乱し、又は善良の風俗を害するおそれがあるとき。

(2) その利用が集団的又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になるとき。

(3) その利用が施設又はその附属設備若しくはその備品(以下「施設等」という。)を損傷し、又は汚損するおそれがあるとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、施設等の管理上支障があるとき。

2 承認には、条件を付し、及びこれを変更することができる。

(承認の取消し等)

第8条 教育委員会は、承認を受けたものが次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、その承認を取り消し、施設等の利用を制限し、又は施設等の利用の停止を命ずることができる。

(1) 前条第1項各号のいずれかに該当するに至ったとき。

(2) 承認に付した条件に違反したとき。

(3) 職員の指示に従わないとき。

(4) 偽りその他不正の手段により承認を受けた事実が明らかになったとき。

(5) この条例の規定に違反したとき。

(利用権の譲渡等の禁止)

第9条 承認を受けたものは、承認に係る権利を他人に譲渡し、又は転貸してはならない。

(原状回復義務)

第10条 承認を受けたものは、施設等の利用を終了したときは、遅滞なくこれを原状に回復しなければならない。第8条の規定により、承認を取り消され、又は施設等の利用の停止を命ぜられたときも、同様とする。

(使用料等)

第11条 承認を受けたものは、使用料を前納しなければならない。

2 承認を受けたものは、使用料のほか、冷暖房設備を利用する場合にあっては冷暖房費を利用後直ちに納めなければならない。

3 使用料及び冷暖房費の額は、別表第2のとおりとする。

(使用料の減額)

第12条 市長は、使用料の額につき、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める割合を当該使用料の額に乗じて得た額を減額することができる。

(1) 図書館が第3条各号に規定する事業を行うために利用する場合 100パーセント

(2) 災害その他緊急やむを得ない事由により応急施設として利用する場合 100パーセント

(3) 前2号に掲げるもののほか、市、他の地方公共団体、公共団体その他市の区域内に事務所を有する公共的団体等が公用若しくは公共用又は公益上の目的のために利用する場合 50パーセント

(使用料等の不還付)

第13条 既に納付した使用料及び冷暖房費は、還付しない。ただし、市長は、承認を受けたものの責めに帰することができない事由により会館を利用できないときは、その全部又は一部を還付することができる。

(入館の制限)

第14条 館長は、図書館に入館しようとし、又は入館している者が次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、入館を禁じ、又は退館を命ずることができる。

(1) 他人に迷惑をかけ、又は施設等を損壊し、若しくは汚損するおそれがあるとき。

(2) 前号に掲げるもののほか、図書館の管理上支障があるとき。

(損害賠償義務)

第15条 入館者又は図書館資料の利用者は、故意又は過失により施設等又は図書館資料を損傷し、若しくは汚損し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長がやむを得ない理由があると認めるときは、この限りでない。

(施設等の変更の禁止)

第16条 施設等を利用しようとするものは、施設等に特別の設備を設置し、又は変更を加えてはならない。ただし、あらかじめ教育委員会の許可を受けたときは、この限りでない。

(図書館協議会の設置)

第17条 図書館法第14条第1項の規定により、阿南市立図書館協議会(以下「協議会」という。)を置く。

(協議会の組織)

第18条 協議会は、委員15人以内をもって組織する。

(協議会の委員)

第19条 協議会の委員は、学校教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験のある者の中から、教育委員会が任命する。

2 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 委員は、再任されることができる。

4 委員の任期が満了したときは、当該委員は、後任者が任命されるまで引き続きその職務を行うものとする。

5 教育委員会は、委員が第1項に規定する委員の資格を有しなくなったときその他特別の事情が生じたときは、その任期中であっても、これを罷免することができる。

(会長)

第20条 協議会に、会長を置き、委員の互選によってこれを定める。

2 会長は、会務を総理し、協議会を代表する。

3 会長に事故があるときは、あらかじめその指名する委員が、その職務を代理する。

(会議)

第21条 協議会の会議は、会長が招集する。

2 協議会は、委員の過半数が出席しなければ、会議を開き、議決することができない。

3 協議会の議事は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

4 協議会の会議は、これを公開する。ただし、阿南市情報公開条例(平成12年阿南市条例第37号)第7条各号に規定する不開示情報が公になるおそれがある場合において、出席した委員の3分の2以上の多数で議決したときは、非公開とすることができる。

(協議会の運営)

第22条 この条例に定めるもののほか、協議会に関し必要な事項は、会長が協議会に諮って定める。

(教育委員会規則への委任)

第23条 この条例に定めるもののほか、図書館の管理に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月20日から施行する。

(使用料に関する経過措置)

2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)前に編入前の那賀川町立図書館設置条例(平成6年那賀川町条例第4号)第7条の規定により前納された使用料については、第11条第1項の規定により前納されたものとみなす。

附 則(平成20年3月28日条例第9号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年3月26日条例第14号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

名称

位置

阿南市立阿南図書館

阿南市領家町本荘ケ内121番地

阿南市立那賀川図書館

阿南市那賀川町苅屋308番地1

阿南市立羽ノ浦図書館

阿南市羽ノ浦町中庄上ナカレ16番地3

別表第2(第6条、第11条関係)

1 阿南市立阿南図書館

施設の名称

5時間未満

5時間以上

1時間当たりの冷暖房費

会議室

850円

1,700円

800円

研修室

850円

1,700円

800円

視聴覚室

1,700円

3,400円

1,000円

2 阿南市立那賀川図書館

施設の名称

午前10時から正午まで

午後1時から午後5時まで

1時間当たりの冷暖房費

視聴覚室

1,000円

2,000円

1,000円

会議室

850円

1,700円

800円

阿南市立図書館条例

平成17年12月27日 条例第39号

(平成24年4月1日施行)