○朝日町職員の時間外勤務に関する規程

昭和58年3月28日

訓令第2号

(趣旨)

第1条 職員の時間外勤務又は休日勤務(以下「時間外勤務」という。)については、別に定めるものを除くほか、この訓令に定めるところによる。

(時間外勤務)

第2条 時間外勤務は、公務のため正規の勤務時間内において処理し得ない真にやむを得ない場合についてのみ命令するものとする。

2 時間外勤務は、最少必要限度の人員及び時間により命令しなければならない。

3 時間外勤務命令権者は、朝日町処務規程(昭和51年朝日町訓令第1号)第8条第2項の規定により課長とする。

(時間外勤務の基準)

第3条 課長は、時間外勤務について計画し又は命令する場合は、次の各号に掲げる基準によらなければならない。

(1) 同一職員が同一月内において、通常、月30時間以内であること。

(2) 週休日又は休日に勤務を命じた場合は、事務に支障のない日を代休とし、振替休日として命令すること。

(時間外勤務の命令)

第4条 課長は、職員に時間外勤務を命令しようとするときは、前条の時間外勤務の基準の範囲内で命令しなければならない。

2 課長は、職員に時間外勤務を命令しようとするときは、事前に時間外勤務・休日勤務及び夜間勤務命令簿にその事務内容と実施する時間等を記入のうえ命令しなければならない。この場合原則として事後においては認めないものとする。

3 前項後段の規定は、非常災害、雪害等のための時間外勤務又は別に定める時間外勤務については適用しないものとする。

4 課長は、緊急又は特別の事由により前条第1号の範囲を超えて時間外勤務を命令しなければならない場合は、原則として、あらかじめ町長の承認を得なければならない。

(時間外勤務の管理)

第5条 課長は、所属職員の時間外勤務実施時間数等時間外勤務の状況をは握し、職員の執務が適正に行われるように管理しなければならない。

第6条 総務政策課長は、必要に応じ職員の時間外勤務の状況及び命令の適否について調査を行うものとする。

(振替休日)

第7条 第3条第3号の代休の振替休日は、原則として週休日に勤務を命じた日の4週間前の日から12週間後の日までに与えなければならない。ただし、これによると事務に支障があるときは、課長は、総務政策課長と協議するものとする。

2 代休の単位は、次の各号によるものとする。

(1) 勤務7時間45分 代休1日

(2) 勤務4時間 代休4時間

(出勤簿の取扱い)

第8条 週休日又は休日に勤務を命令した日は出勤扱いとし、代休を与えた振替休日は、代休として押印する。

(細則)

第9条 この訓令に定めるもののほか、職員の時間外勤務について必要な事項は別に定める。

附 則

この訓令は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(平成5年訓令第2号)

この訓令は、平成5年2月20日から施行する。

附 則(平成6年訓令第1号)

この訓令は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成7年訓令第3号)

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(平成9年訓令第1号)

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成16年訓令第2号)

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(平成18年訓令第2号)

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(平成22年訓令第1号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年訓令第4号)

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成28年訓令第9号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

朝日町職員の時間外勤務に関する規程

昭和58年3月28日 訓令第2号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第4章
沿革情報
昭和58年3月28日 訓令第2号
平成5年1月25日 訓令第2号
平成6年3月31日 訓令第1号
平成7年4月1日 訓令第3号
平成9年1月10日 訓令第1号
平成16年4月1日 訓令第2号
平成18年8月1日 訓令第2号
平成22年3月31日 訓令第1号
平成24年3月30日 訓令第4号
平成28年3月31日 訓令第9号