○千葉大学アイソトープ実験施設規程

平成16年4月1日

制定

(趣旨)

第1条 この規程は,千葉大学アイソトープ実験施設(以下「実験施設」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定める。

(目的)

第2条 実験施設は,放射性同位元素等(以下「アイソトープ」という。)を利用する教育研究に供するとともに,本学におけるアイソトープの安全管理に関して中心的役割を担い,もってアイソトープを使用した研究をより一層推進することを目的とする。

(業務)

第3条 実験施設は,次の各号に掲げる業務を行う。

 実験施設の施設及び設備を共同利用に供すること。

 アイソトープの安全管理に関すること。

 アイソトープを取り扱う者の教育訓練に関すること。

 その他実験施設の目的を達成するために必要な事項

(施設長)

第4条 実験施設に施設長を置く。

2 施設長は,実験施設の管理を総括する。

3 施設長は,実験施設における放射線障害の防止及び安全の確保に関し総括する管理責任者となる。

4 施設長の選考及び任期については,千葉大学部局長選考等規程の定めるところによる。

(放射線取扱主任者等)

第5条 実験施設に放射線取扱主任者(以下「主任者」という。)及び放射線取扱副主任者(以下「副主任者」という。)を置く。

2 主任者は,実験施設における放射線障害の発生の防止について必要な指導監督を行う。

3 副主任者は,主任者を補佐する。

4 主任者及び副主任者は,実験施設利用者で,第1種放射線取扱主任者免状を有する者のうちから,施設長が選任する。

(連絡協議会)

第6条 実験施設に,学内共同利用及び管理運営に関する事項について審議するため,連絡協議会を置く。

2 連絡協議会に関し必要な事項は,別に定める。

(アイソトープの使用)

第7条 実験施設におけるアイソトープの使用に関し必要な事項は,別に定める。

(事務)

第8条 実験施設の事務は,工学系事務センターにおいて処理する。

(雑則)

第9条 この規程に定めるもののほか,実験施設に関し必要な事項は,別に定める。

附 則

この規程は,平成16年4月1日から施行する。

附 則

この規程は,平成19年4月1日から施行する。

附 則

この規程は,平成21年4月1日から施行する。

附 則

この規程は,平成23年4月1日から施行する。

附 則

この規程は,平成27年4月1日から施行する。

附 則

この規程は,平成28年4月1日から施行する。

附 則

この規程は,平成28年7月1日から施行する。

千葉大学アイソトープ実験施設規程

平成16年4月1日 制定

(平成28年7月1日施行)

体系情報
第2編 部局等/第46章 アイソトープ実験施設
沿革情報
平成16年4月1日 制定
平成19年4月1日 種別なし
平成21年4月1日 種別なし
平成23年4月1日 種別なし
平成27年4月1日 種別なし
平成28年4月1日 種別なし
平成28年7月1日 種別なし